チェ・ウシク

チェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、「野の花映画賞」で「新人賞」を受賞

2015年4月10日

 9日、ソウル市中区(チュング)「文学の家」で「第2回野の花映画賞」が開催され、チェ・ウシクが映画『巨人(原題)』で新人男優賞を受賞した。  チェ・ウシクは「釜山国際映画祭に続いて、このような大きな賞を頂けてうれしい」とし「これからも最善を尽くし、ますます努力する俳優になりたい」と喜びを語った。  『巨人』は、心に傷を負った少年ヨンジェ(チェ・ウシク)の成長と、憎しみを抱きつつも、見捨てることができない家族の物語を描いた作品。(STARNEWS、キム・ソヨン)

チェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク&AFTERSCHOOLユイ、「ホグの愛」終了に関しコメント

2015年4月1日

 チェ・ウシクとAFTERSCHOOLのメンバー、ユイは3月31日、ソウル市内で行われたtvNの月火ドラマ「ホグの愛(原題)」の打ち上げに出席し、同番組終了に関する心境を明かした。  チェ・ウシクは「ほっとしながらも名残惜しい。素晴らしい方々と仕事ができたので別れるのがつらい」とし「幸・・・続きを読む

「ホグの愛」の制作発表会に出席したAFTERSCHOOLのユイ (C)STARNEWS=共同

AFTERSCHOOLユイ、「チェ・ウシクは色白…おかげでからかわれる」

2015年1月30日

 AFTERSCHOOLのメンバー、ユイは29日、ソウル市内で行われたtvNのドラマ「ホグの愛(原題)」の制作発表会に出席し、色白のチェ・ウシクのおかげでからかわれていると愚痴をこぼした。  ユイは「チェ・ウシクは本当に小顔で色白。私は色白ではないので、照明スタッフが“なんでドヒよりホ・・・続きを読む

チェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、ドラマ「高慢と偏見」終了に「僕を熱くさせてくれた」

2015年1月14日

 13日に終了したMBCの月火ドラマ「高慢と偏見(原題)」で、エリート検事イ・ジャンウォン役を演じたチェ・ウシクは14日、所属事務所JYPエンターテインメントを通し、同ドラマ終了に関し心境を伝えた。  チェ・ウシクは「『高慢と偏見』は、僕を熱くさせてくれた作品」とし「監督、脚本家・・・続きを読む

『巨人』のマスコミ試写会に出席したチェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、海外進出は?…「自信ある」

2014年10月30日

 チェ・ウシクは29日、ソウル市内で行われた映画『巨人(原題)』のマスコミ試写会に出席した。  『巨人』は、釜山国際映画祭のビジョン部門に招待され、韓国内外の映画関係者たちも注目した作品だ。学生時代をカナダで過ごし、英語が得意なチェ・ウシクはこの日、海外進出についても言及・・・続きを読む

チェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、「高慢と偏見」撮影現場でシックな魅力をアピール

2014年10月29日

 チェ・ウシクは29日、自身のツイッターに「イ・ジャンウォン。検事。すぐに退勤」というコメントと共に1枚の写真を掲載した。  掲載された写真には、洗練されたスーツを着こなし、シックな魅力をアピールするチェ・ウシクの姿が写されている。チェ・ウシクは真剣なまなざしでカメラを見・・・続きを読む

チェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、「暗いキャラクターの感情維持は大変だった」

2014年10月10日

 チェ・ウシクは9日、釜山・海雲台(ヘウンデ)の映画の殿堂で行われた映画『巨人(原題)』の野外舞台あいさつで、自身が演じるキャラクターについて語った。  チェ・ウシクは「『巨人』では主人公ヨンジェ役を演じた。本作は両親から愛されなかった子どもの物語」とし「ヨンジェはとて・・・続きを読む

「運命のように君を愛してる」に出演するチェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、「運命のように君を愛してる」でチャン・ヒョクのライバル役

2014年5月22日

 俳優チェ・ウシクがMBC新水木ドラマ「運命のように君を愛してる(原題)」に、イ・ヨン役として出演することを22日、所属事務所JYPエンターテインメントが明かした。  同作は、優しいのが唯一の個性であるどこか抜けている女性と、後継者の座を脅かされる超現実主義で完璧な男性が、望ま・・・続きを読む

チェ・ウシク (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、新作映画でシン・ハギュンと共演

2014年1月9日

 俳優チェ・ウシクが映画『ビッグマッチ(原題)』に出演することが分かった。  9日、所属事務所JYPエンターテインメントは「チェ・ウシクが映画『ビッグマッチ』に、名門大学出身の天才ハッカー役として出演する」と明かした。  同作は、韓国の上位0.1%に属する上流階級のためにゲー・・・続きを読む

「心臓が脈打つ」のキャプチャー画面 (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク、ドラマ好きのおばあさんに認知されず

2013年12月26日

 24日に放送されたSBSのバラエティー番組「心臓が脈打つ」では、チェ・ウシクが救急隊員と共に、家でけがをしたというおばあさんを病院へ運ぶ様子が放送された。  救急車に乗せられたおばあさんは、肩に強い痛みを訴えていた。するとチェ・ウシクは「おばあさん、若いころ美人だっただろ・・・続きを読む

「心臓が脈打つ」 (C)STARNEWS=共同

チェ・ウシク&チョ・ドンヒョク、新バラエティーで活躍

2013年10月9日

 8日に放送されたSBSの新バラエティー番組「心臓が脈打つ」では、チェ・ウシクとチョ・ドンヒョクが活躍を見せた。  深夜、釜山の119安全センターに、脳腫瘍患者と連絡が取れないという通報が入ると、チェ・ウシクとチョ・ドンヒョンが救助隊員と共に患者の元へ出動した。  現場に到着・・・続きを読む

チェ・ウシク (c)マネートゥデー=共同

チェ・ウシク、「バラエティーではなくドキュメント」

2013年9月5日

 チェ・ウシクは4日、ソウル市内で行われたSBSのバラエティー番組「心臓が脈打つ」の記者会見に出席し、バラエティー番組に初出演した心境を語った。  チェ・ウシクは「初めてのバラエティー番組で期待していたが、いざ出演してみるとバラエティー番組というよりドキュメンタリー番組のよ・・・続きを読む

『隠密に偉大に』(上)と「TEN2」でのチェ・ウシク (c)マネートゥデー=共同

チェ・ウシク、映画とドラマで異なる魅力を発揮

2013年7月4日

 俳優チェ・ウシクが、映画とドラマで全く異なるキャラクターを演じ、好評を博している。  チェ・ウシクは映画『隠密に偉大に(原題)』では不良高校生を、OCNドラマ「特殊事件専門担当班TEN2(原題)」(以下、「TEN2」)ではカリスマ性あふれる男の姿を披露。それぞれ異なる魅力のキャ・・・続きを読む

「特殊事件担当班TEN2」でパク・ミンホ役を演じたチェ・ウシク (c)マネートゥデー=共同

チェ・ウシク、「TEN2」終了で心境語る

2013年7月1日

 6月30日に最終話が放送されたケーブルチャンネルOCNドラマ「特殊事件専門担当班TEN2(原題)」(以下、「TEN2」)に出演していたチェ・ウシクが心境を語った。  チェ・ウシクは同作で、熱血刑事パク・ミンホを演じ、キュートな姿から、真の男の姿までさまざまな魅力を発揮。新米刑事から・・・続きを読む

  • 1
page top