写真ニュース PHOTO NEWS

チョ・スンウ「デビュー後初のドラマ出演、理由は三つある」

2012年9月24日
チョ・スンウ (C)マネートゥデー=共同
チョ・スンウ (C)マネートゥデー=共同
チョ・スンウ (C)マネートゥデー=共同
チョ・スンウ (C)マネートゥデー=共同
(左から)イ・ヨウォン、チョ・スンウ (C)マネートゥデー=共同
(左から)イ・ヨウォン、チョ・スンウ (C)マネートゥデー=共同

チョ・スンウ「デビュー後初のドラマ出演、理由は三つある」

チョ・スンウは24日午後、京畿道・龍仁で行われたドラマ「馬医(原題)」の制作発表会に出席し、意気込みなどを語った。

 10月1日から韓国で放送される「馬医」は、朝鮮時代末を舞台に、獣医から、王を診療する医師にまで上り詰めた実在の人物ペク・グァンヒョンの話を描く漢方医学ドラマ。

 デビューから13年、初めてドラマ出演することになったチョ・スンウは「映画でデビューしてからミュージカルなどにも出演してきたけれど、ドラマに出演しなかったのは、あるうわさがあったから。忙しくて夜も眠れない、食事もきちんととれない。数カ月間、そうやって過ごしていると、人間の人格が変わってしまうという話を聞いて、人格は変えたくなかったから映画とミュージカルだけに出演してきたんです」と語った。

 そんなチョ・スンウが、ドラマ出演を決めたのには三つの理由があるという。

「『ホジュン』のファンだったんです。いつか、ドラマ出演することがあれば、イ・ビョンフンプロデューサーとやりたいと思っていたんです。もちろん、監督からオファーを頂いたわけではないんです。チェ・ジョンギュ監督とキム・イヨン脚本家が僕を推薦してくださった。監督、ありがとうございます」とし、イプロデューサーに対して頭を下げた。

 二つ目の理由について「人気の新堂洞スンデ専門店と、恵化洞スジェビ専門店にあります。親戚のおばのような方々が切り盛りしているんですけど、“ドラマに出てよ”ってよく言われていたんです。その言葉が耳に残っていたから」とし、三つ目の理由については「昨年からはステージに立つことが多かった。外で待っていたあるファンから『私たちはこんなに高いチケットを買って見ることはできない。テレビドラマに出てほしい』と言われたことがきっかけですね」と答えた。(マネートゥデー、キム・ヒョンロク)



写真ニュース PHOTO NEWS

more
page top