ウォンビン、ドラマ復帰なくなる…次回作はいつ?

2012年8月21日
ウォンビン (C)マネートゥデー=共同

ウォンビン (C)マネートゥデー=共同

ウォンビンは最近、ノ・ヒギョン脚本家とキム・ギュテプロデューサーが手を組んだドラマ「その冬、風が吹く(仮題)」で13年ぶりにドラマ出演するとうわさされていたが、出演自体がなくなった。

 同ドラマは、日本ドラマ「愛なんていらねえよ、夏」のリメーク版で、ムン・グニョンとキム・ジュヒョク主演映画『愛なんていらねえよ』のドラマ版でもある。

 当初、ノ・ヒギョン脚本家は、リメーク作には乗り気ではなかったが、ウォンビンが関心を示したことで制作の話が持ち上がった。

 制作会社が版権を購入、台本の序盤が出るなどして制作に拍車を掛けていて、ウォンビンもノ・ヒギョン脚本家とドラマについて意見を交わしていたという。

 しかし、ウォンビンは原作の男性主人公がホストという設定をノ・ヒギョン脚本家が韓国版の設定に合わせるため、他の職業に変えるなどしたことから意見の対立が生じた。

 双方は調整が難しくなると、ウォンビンは出演を取り止めたという。

 結局、制作会社はキャスティングをあらためて最初から始めており、ウォンビンの13年ぶりのドラマ復帰もなくなってしまった。

 ウォンビンは2010年『アジョシ』以来、ドラマや映画のオファー1位とされていたが、いまだに次回作が決まっていない。

 また、次回作選びが遅れたのには、ハリウッドの映画出演がなくなった影響もある。

『アジョシ』の後、ハリウッド映画出演の話があったのだが、最終には内部事情により出演はなくなり、その後次回作がなかなか決まらず、『アジョシ』以降、12本あったCMは現在5本に減るなど、CM出演にも影響を与えている。

 ウォンビンは現在、ドラマや映画には出演していないがCM撮影とボランティア活動を行っている。

 ユニセフ韓国委員会特別大使であるウォンビンは、今年の初めに、男性ファッション誌のグラビアに参加し、収益金をユニセフに寄付。ユニセフの活動の一環として、海外事業に乗り出すことが予定されている。(マネートゥデー、ジョン・ヒョンファ)


コメント

最新韓国芸能ニュース NEWS

チェ・ジウ「イ・サンユンさんがカッコよくなっててびっくり!」

チェ・ジウ「イ・サンユンさんがカッコよくなっててびっくり!」

2016年8月4日

 8月5日発売になる「もっと知りたい!韓国TVドラマvol.74」では、“大人の恋愛ドラマ”を大特集。ドラマ「2度目の二十歳」で、大学生の男の子の母親に扮したチェ・ジウが表紙を飾る。かつて「エア・シティ」で共演したイ・サ・・・続きを読む

「もっと知りたい!韓国TVドラマ」vol.72の表紙&内容を公開!

「もっと知りたい!韓国TVドラマ」vol.72の表紙&内容を公開!

2016年4月4日

 4月5日発売の「もっと知りたい!韓国TVドラマ」vol.72は、ソ・ジソブのスペシャルインタビューと人気ドラマの特集3本立てでお届けします。■巻頭特集撮り下ろしグラビア満載!巻頭15ページソ・ジソブ超ロングインタビュー懐・・・続きを読む

イ・ビョンホン、米アカデミー賞でプレゼンターに

イ・ビョンホン、米アカデミー賞でプレゼンターに

2016年2月26日

 3月1日から、日本で2年ぶりのファンイベント『LBH ON TOUR 2016』を開催する韓国人俳優、イ・ビョンホンが、2月28日(現地時間)、アメリカで開かれる「第88回アカデミー賞」に韓国人俳優初のプレゼンターとして招待され、授・・・続きを読む

(C)EUPHORIA

「おひさしぶりです~。あけおめっ!」イ・ミンホが来日公演

2016年2月12日

 2016年1月25日、イ・ミンホがパシフィコ横浜国立大ホールで来日公演を行った。今回は舞台を自宅マンションに見立てて「MINOZ WORLD -MINOZ MANSION-」と銘打ったファンを招待するというコンセプト。日記帳と電気スタンドが配・・・続きを読む

韓国語講座

韓流誌「もっ韓」が韓国語講座を大阪で開催!

2016年2月5日

 株式会社共同通信社は、韓国ドラマをもっと楽しみたい人のための本格的な韓国語講座を初めて開催する。  講座内容は、1月30日(土)、大阪市内で行われた無料イベント「韓流ファン感謝イベント2016 in 大阪」で好評だった・・・続きを読む

more
page top