写真ニュース PHOTO NEWS

シン・ミナ「イ・ジュンギ中毒になりました」

2012年8月13日
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ、イ・ジュンギ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ、イ・ジュンギ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同
シン・ミナ (C)マネートゥデー=共同

シン・ミナ「イ・ジュンギ中毒になりました」

シン・ミナは10日午後、ソウル市内で行われた新ドラマ「アラン使道伝(原題)」制作発表会に出席し、出演を決めた理由やイ・ジュンギの魅力などについて語った。

 シン・ミナは「前作も今作も、偶然にも人ではなく幽霊や怪物というキャラクターを演じることになりましたが、全く別の役だから演じてみようと思いました」とし、「前作の『僕の彼女は九尾狐<クミホ>』では愛らしい姿でしたが、今作のアランはワイルドで荒っぽいところがあって、性格が全く違うんです。アランの表現方法はものすごく勝ち気な女の子という感じで、これまでの作品では見せたことのない、活発な姿をお見せできると思います」と説明した。

「こじきのような服装が多いそうだが…」という記者からの質問に、シン・ミナは「きれいな服を着てきれいに映してほしいと思うのは事実です。でも、アランは少し荒っぽいところがあって行動が先のタイプだから、野性的な衣装の方がキャラクターが生きると思うんです」と答えた。

 相手役のイ・ジュンギついては「とにかく特別な人ですね。これまでの人生の中でこういう俳優は初めて見ました。とても前向きで明るくて、汗水流して一生懸命頑張っているから、私が幽霊役なのに、ジュンギさんの方がこの世の人とは思えないほどいつも一生懸命なんです。最初は気難しいのかなと思って互いにぎこちなかったけれど、今はイ・ジュンギ中毒になりました」と、イ・ジュンギの魅力について伝えた。(マネートゥデー、キム・ミファ)

写真ニュース PHOTO NEWS

more
page top