写真ニュース PHOTO NEWS

SUPER JUNIORイトゥク「13年来の友人ドンヘは特別です」

2012年7月20日
SUPER JUNIORイトゥク、ドンヘ (C)マネートゥデー=共同
SUPER JUNIORイトゥク、ドンヘ (C)マネートゥデー=共同
SUPER JUNIORイトゥク、デビューできなかった「スマイル」のアーティスト写真 (C)マネートゥデー=共同
SUPER JUNIORイトゥク、デビューできなかった「スマイル」のアーティスト写真 (C)マネートゥデー=共同

SUPER JUNIORイトゥク「13年来の友人ドンヘは特別です」

SUPER JUNIORのメンバー、イトゥクとドンヘは、19日午後に放送された番組「スター人生劇場」に出演し、練習生時代から親友であることなどについて語った。

イトゥクとドンヘは練習生時代から13年来の知り合いで、SUPER JUNIORとしてデビューする前、「スマイル」というグループでデビューする予定だったという。

イトゥクは「僕とドンヘのほかに3人を含む5人組のグループでデビューする準備をしていました。ところが、デビュー前に、東方神起のデビューとかぶってしまったんです。会社としては、この2チームをどうするかという話し合いをしました。結局、東方神起がデビューし、僕らはデビューできなかったんです」と当時を振り返った。

また、イトゥクは運動好きなドンヘについて「ドンヘは毎日ジムに通って運動をサボったことがない。朝方の仕事が終わってからも必ずジムに行こうと誘うんです」と伝えた。

一方、イトゥクは、ドンヘについて「ドンヘのお父さんから頼まれたことがあるんです」とし「ドンヘは至らない所がたくさんあるけれど、見守ってほしいと僕の手をぎゅっと握ってくれたんです」とし、ドンヘとの特別な友人関係を話した。

また「それからドンヘのお父さんが病気で亡くなったんですが、まだあの時の言葉がずっと忘れられないんです。あの声が忘れられなくて、ドンヘを僕の弟のように感じてしまうんです」と語り、ドンヘは「イトゥク兄貴は、僕の兄貴です。他にも年上のメンバーがいるけれど、メンバーの中でも一番年上だし、信頼できる存在です」とイトゥクへの思いを伝えた。(マネートゥデー、ノ・ヒョンヨン)

SUPER JUNIORイトゥク「芸能アイドルになるため命懸けて努力した」

写真ニュース PHOTO NEWS

more
page top