写真ニュース PHOTO NEWS

超新星ソンモ&SUPER JUNIORカンイン、ミュージカルでWキャスト

2012年8月28日
超新星ソンモ&SUPER JUNIONカンイン (C)KYODO NEWS
超新星ソンモ&SUPER JUNIONカンイン (C)KYODO NEWS
超新星ソンモ、SUPER JUNIONカンイン、ソン・ビョンジュン監督 (C)KYODO NEWS
超新星ソンモ、SUPER JUNIONカンイン、ソン・ビョンジュン監督 (C)KYODO NEWS
超新星ソンモ&SUPER JUNIONカンイン (C)KYODO NEWS
超新星ソンモ&SUPER JUNIONカンイン (C)KYODO NEWS

超新星ソンモ&SUPER JUNIORカンイン、ミュージカルでWキャスト

9月に開催される「ミュージカル 宮(クン)」の東京公演に先立って、Wキャストを務める超新星のソンモとSUPER JUNIORのカンインが28日、東京都内で記者会見を行った。

 同舞台は、「もし韓国に皇室が続いていたら?」という設定の韓国の人気少女漫画が原作。皇室を舞台に繰り広げられるラブストーリーで、韓国で2006年にドラマ化された後、10年にはミュージカルが初演され、多くの人気を集めた。

 東京での公演は2度目だが、今回は美術セットなどを全面的にリニューアルし、より豪華なステージに生まれ変わる。

 昨年に続いて主役を演じるソンモは、「少し余裕ができたので、レベルアップした姿で、ファンの皆さんが思う存分楽しめる舞台を作りたいと思います」。一方、初出演のカンインは「僕にはまだ余裕がありませんが焦ってはいません。素晴らしい方々と一緒に、僕だけのシンを表現していきますので、ぜひチケットを買って見に来てください」と意気込みを語った。

 また、カンインの所属事務所の先輩で、韓国での初演時に主演した東方神起のユンホについて「僕のために稽古場にまで来てくれて、当時の経験をたくさん聞かせてくれました」と心温まるエピソードを披露。

 ソンモが「超新星としての活動で忙しい中、自分の強い希望で今回の出演がかなった」と話すと、カンインも「僕にとって舞台上は仕事場ではなく、最も幸せな時間を過ごせる場所です」と、それぞれミュージカルに懸ける思いを語りPRした。

◎「ミュージカル 宮」東京公演

9月1日から13日まで東京・五反田ゆうぽうとホールで上演

写真ニュース PHOTO NEWS

more
page top