韓流データベース DATABASE

群盗

作品紹介

貴族である両班の腐敗が進み、不正がまかり通っていた朝鮮時代後期。無力な農民たちの側に立ち、義賊として世の不正を正そうとしていた盗賊団“智異山チュソル”がいた。度重なる自然災害による不作で飢きんが相次ぎ、役人の横暴で農民たちの暮らしが疲弊していく中、地方の大富豪の愛人の子で、以前は朝鮮最高の武官だったチョ・ユン(カン・ドンウォン)は、極悪非道なやり方で農民たちから根こそぎ土地を奪い取り、地方一の大富豪となる。一方、食肉卸業者のトルムチ(ハ・ジョンウ)はユンによって家族を失い、盗賊団に入団。盗賊団は農民の敵ユンに戦いを挑むが…。


page top