韓流データベース DATABASE

殺人の告白

作品紹介

10人の女性が虐殺されたヨンゴク連続殺人事件の担当刑事チェ・ヒョング(チョン・ジェヨン)は、犯人と激しく争い、口元に大きな傷を負った上に犯人を取り逃がしてしまう。時効が成立した2年後、自らが犯人だと名乗り出たイ・ドゥソク(パク・シフ)は犯行内容を書いた自叙伝「私が殺人犯だ」を発表。ドゥソクはベストセラー作家になり、注目される。真犯人は別にいると考えるヒョングは彼を取り調べようとするが、復しゅうを誓う遺族にドゥソクを拉致されてしまい…。


page top