韓流データベース DATABASE

戦火の中へ

作品紹介

1950年6月、朝鮮戦争が勃発し、圧倒的な戦力で武装した北朝鮮軍は破竹の勢いで南進、韓国軍は国連軍の到着を待ちながら、釜山を死守するための最後のとりで、洛東(ナクトン)江に全兵力を集中させる。浦項を守っていたソクテ(キム・スンウ)の部隊も洛東江行きを命じられ、ソクテは仕方なく最前線となる浦項を71人の学徒兵に託して出発。ジャンボム(T.O.P)は唯一戦場に付いて行ったことがあるという理由で中隊長に任命されるが…。


page top