韓流データベース DATABASE

美人図

作品紹介

18世紀末に実在し、朝鮮で初めてエロチシズムを極めた画家と称されながら、謎に満ちた生涯を送ったシン・ユンボク。ドラマ「風の絵師」でも話題になった“ユンボク=女性”という大胆な仮説を基に、代表作「美人図」の誕生秘話を描く。「善徳女王」で人気のキム・ナムギルが、ユンボクの“運命の恋人”役で大胆な濡れ場を披露しているのも話題に。


page top