FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

イ・ホンギ初映画デビュー作が公開、「僕にとって大切な作品になると思った」

2013年6月5日

Q.今回は主演として現場を引っ張る立場にありましたが、雰囲気はいかがでしたか?

 マ・ドンソク先輩はとにかく面白い方で、撮影のたびに楽しかったです。僕とドンソク先輩は、現場でごはんの匂いが漂ってくると、おかずを当てるっていう遊びをよくやっていました。僕は鼻がいいので大抵当たっていましたけど(笑)。イム・ウォニ先輩は現場での集中力が本当にすごくて、完全に役に成り切っているんですけど、普段は本当に面白い方でした。クランクインの前にみんなで会食する機会があったんですが、先輩たちに囲まれているので、僕はなかなか先輩たちに近づけなかったんです。そんなときウォニ先輩が、「きみが中心なんだから、あまりプレッシャーを感じなくていいよ。僕を近所のお兄さんだと思って気楽に接して」と言ってくれました「わぁ! なんていい方なんだ」と思って感謝していたら、その直後、罵倒する言葉をおっしゃったんです。韓国語って、そういう良くない言葉を一言付けることによって全然意味が変わって、「親しくやろうよ」っていう意味になるんです。深刻な話をしていたのに、そんな言葉をおっしゃったのがあまりにもおかしくて、みんなで笑い転げていました。

Q.楽器を演奏するシーンもありましたね。

 たくさん練習しました。ただドラムについては、以前から基本的なリズムはたたけたんです。一番難しかったのがベース。ベースは初めてだったんですが、ベースのコードってギターのコードと似ていたので助かりました。あと、ピアノはどうしてもできなかったので、代役をお願いしました。

Q.“フェニックス”のメンバーに、演奏についてアドバイスされましたか。

 指導の先生が付いていてくれたので…。ドンソク先輩の場合は、以前インディーズバンドのドラマーだったそうなんです。だからツインペダルも自由自在にできてましたし、あまりにも上手過ぎてびっくりしたぐらいです。先生もうまいねと言っていましたから。ドンソク先輩の場合はそれほどたくさんの練習は要らなかったですね。ウォニ先輩とペク・ジニさんはクランクインの2カ月ぐらい前から練習していたんですけど、あそこまで上手になるとは思いませんでした。

Q.ラストライブ撮影時のエピソードがあったら。

 気温が氷点下で、とにかく寒かったです。手がかじかんで表情も硬くなってしまうぐらい本当に寒くて。そんな中で徹夜でやっていたので、ヒーターを顔の近くまで持ってきて、顔をほぐしながらやっていました。

Q.冒頭のミュージックビデオの撮影シーンも、すごくカッコよかったです。

 はぁ…恥ずかしい(笑)。本当はもっと長かったんですよ。撮影している僕自身も、本当にびっくりしました。あんなふうに1人で歩きながら銃を撃つなんて、今までやったことなかったですし。体に爆弾の装備を着けるのも初めてで。最初痛そうだなと思ったんですが、やってみたらすごく楽しかったです。

Q.チュンイはユ・ジェハさんの楽曲で患者を励ましますが、ホンギさんなら?

 ユ・ジェハ先輩の曲はいい曲が多いですからね。僕なら何がいいかな…。一回も考えたことがなかったです。M.C.the MAXさんの「少しだけさようなら」とか? “少しだけ”なので、永遠のさようならじゃないから、これもいいかなと。

Q.FTISLANDの歌では?

 僕たちは別れの歌が多いので…その中から探すのはちょっと。

Q.エンディングソングの「オレンジ色の空」は、ホンギさんが作詞作曲されたそうですね。

 そうなんです。実はこの曲は、アルバムに入れる予定で準備していたもので、作ってから少し時間がたっているんです。歌詞も全然違う内容だったので、この映画のテーマに合わせて書き直しました。僕から会社に「僕の曲を使ったらいかがですか、この映画に合うと思います」と提案して決まったんです。

Q.クラブで遊んでいるシーンは、ホンギさんの素の姿に近いとか?

 本当に普通のホンギ。少し前に、メンバー5人でクラブに行きました。そのときも思いっきり夢中になって遊びました。メンバーとは今までもよく一緒に行ってて、2、3人で行くこともありますね。遊ぶときは結構一緒に遊んでます。

Q.最近のハイテンションなエピソードを。

 テンションが上がった出来事は、本当にたくさんあるんです。クラブもそうですけど、最近また曲を書いていて、曲作りのための機材を購入しました。まだ完璧じゃないのでずっと練習しています。最近家を買って、家族と暮らし始めました。なのでそれも気分がいいです。あとゲームもやるんですけど、とっても難しいレベルに上がるためクリアしなきゃいけない難関みたいなのがあるんですが、それにもうまく勝つことができて、今レベルがすごく高くなっています。本当に難しいゲームなんですよ!

Q.休む暇がないですね。

 そうですね。作曲の部屋にパソコンが3台あって、作曲していて飽きたら隣のパソコンでゲームして、ちょっとおなかが減ったら「お母さ~ん」って呼んで、ご飯を食べて、友達から連絡が来たら遊びに出掛けて、音楽の話とか女の子の話とかして。そういう生活です。楽しいです。今は、ツアーの練習も始まったので…頭痛いです(笑)。あとは、最近また太っちゃったので、痩せるために1年ぶりにジムに行ってます。ちょっと痩せたんじゃないですか? まだ?

Q.映画ではすごくシャープでしたよ。

 でも最後にいくにつれてどんどん。ライブシーンが最後の撮影だったかな。そのときは太ってましたよね。たぶん12月だな。

関連リンク

応募はこちらから 【締切】2013年7月7日(日)

iconイ・ホンギのサイン入りプレスシートをプレゼント

iconイ・ホンギのサイン入りポラロイド写真をプレゼント


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top