FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

CNBLUEが語る“音楽”と“演技”

2013年1月26日

 いまやマルチエンターテイナーの戦国時代と言っても過言ではない韓国芸能界。アイドルがミュージカルのステージに立ち、マイクを手にした俳優はHIP HOPソングを歌う。また、バラエティー番組から誕生した楽曲が音楽チャートを席巻することも多々ある。

 そんな中でも、最近4ピースバンドCNBLUEの活躍には目を見張るものがある。昨年はメンバー全員がドラマに出演し、高視聴率をたたき出していた彼らが、今年は本業に復帰。14日に、全トラックがメンバー作詞作曲のオリジナル曲で構成されたミニアルバム『Re:BLUE』をリリースし、10カ月ぶりに音楽活動を再開する。

 音楽と演技。新しい挑戦をし続けているCNBLUEに会い、話を聞いた。

 

Q.音楽活動は10カ月ぶりですが、変化はありますか?

ジョンヒョン 何よりもまず、最近は周りの方々からの見られ方がかなり変わった気がします。演技をしているときもそうでしたが、ライブで歌っているときも、スタッフの方から信頼されているのが感じられたので、それが何よりうれしいです。

ミンヒョク これまではCNBLUEというバンドに対して半信半疑な方が多かったのですが、実際に生で僕たちのステージを見て、皆さんとても驚いていました。それをきっかけに僕たちのことを気に掛けてくれるようになったのだと思います。

Q.『Re:BLUE』はどんなアルバムですか。

ヨンファ 全部で6トラックが入っています。日本では、僕が作詞作曲した曲で活動したことがあったけれど、韓国では初めてなので力が入りました。

ジョンヒョン 毎回ベストを尽くすようにしてはいますが、少しずつ成長している様子を収められたような気がして満足しています。僕の曲は1曲だけ入っています。もっと書きたかったけど、ドラマが終わってすぐレコーディングに入ることになってしまったので…。僕の方が多く書きたかったのに、ヨンファ兄さんに負けてしまいました(笑)。

Q.タイトル曲はヨンファさんのオリジナル曲ですが、プレッシャーはありませんでしたか?

ヨンファ プレッシャーはものすごく感じていました。韓国で自分のオリジナル曲で活動すること自体初めてなので、「クオリティーの高いものを見せないと」という思いが強くて…。でも努力しただけの曲が出来た気がするので、心残りはありません。「僕が作った曲で活動できる」ということだけでもとても楽しいです。

Q.CNBLUEには、ミュージシャンとアイドルの境界線上にあるイメージがあります。そのため、「作曲なんて本当にできるのか」という偏見を持たれることもあるのでは?

ヨンファ 僕自身が、少しでも良心に背くようなことをしていたとしたら、そのような偏見に対していろいろ気になっていたかもしれません。でも僕は、中学3年生の時から作曲を勉強してきていますし、自分の実力に自信を持っているので、そういうふうに思われても全く気になりません。

Q.歌詞を見てみるととてもダイレクトで強い口調ですね。

ヨンファ 見方を変えると、かなり小心者な男の独り言なんです。彼女に直接言えずにため込んできたものを歌詞として打ち明ける、みたいな。

ミンヒョク 歌詞を見ると、うそ偽りは一つも言っていないんですよね。ダイレクトに言いたいことを言っているので、聴いていてすっきりとした気持ちになれると思います。

Q.そしてヨンファさんのオリジナル曲は、ハードなサウンドの曲が多いですね。

ヨンファ メンバーに対するプレッシャーがあったというのは事実です。だからどんどんサウンドを乗せていって、気付いたら少しハードな傾向に仕上がっていたんです。全部違うスタイルの曲を書くことはそもそもできないので…。「あ、そういえばミディアムテンポの曲を書いていない」と思っていたら、タイミングよくジョンヒョンが書いてきたので「ちょうど良かった」と思いました(笑)。

 
  • 1
  • 2


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top