FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

【ロングインタビュー】“視聴率王子”チ・チャンウク、「僕らのイケメン青果店」を振り返る

2013年1月22日

(C)ホームドラマチャンネル

Q.では、チ・チャンウクさんが一番うまく演じられるのはどんなキャラクターですか。

 普段から、これならできる!と考えているわけではありません。フィーリングですかね。無性に親しみを感じるキャラクターがあるんです。親しみを感じると、自然とそのキャラクターについて考えることも多くなって、どんなふうに演じればいいか悩むことも楽しく感じるんです。「これはどうだろう、こうしてはどうだろう」といろんなアイデアを出して考えているうちに、うまく演じられそうな自信が湧いてくるのだと思います。

Q.今あらためて思う 「僕らのイケメン青果店」の見どころとは?

 このドラマは若いイケメンたちの物語です。未熟で世間知らずだった若者たちが成長していく過程に注目して見ていただきたいと思います。何かを成し遂げたいと強く思う登場人物たちの熱い思いや情熱が見どころではないでしょうか。そして、テヤンとジンシムのラブストーリーも楽しんでいただければと思います。

Q.撮影を振り返って、特に印象に残っていることは?

 撮影の時はすごく寒かったんですが、共演者の皆さんと一緒にゲームをやったりして楽しく過ごしました。待ち時間には一緒にお茶や食事に行ったり、休みがあればビリヤードをしたり、インターネットカフェにも行きました。そのせいか、撮影現場に向かうときは友達に会いに行くような気もしましたね。とても楽しく撮影に臨むことができました。

Q.ドラマの舞台は「青果店」でしたが、青果店ならではのエピソードがあれば教えてください。

 やはり、撮影現場には果物がいっぱいありました。しかも高級な。でもあれは、撮影のために用意されているものなので本当は食べちゃダメなんですが、僕たち、隠れてこっそり食べたりしました(笑)。休みの時間にちょっと食べたり、珍しいものがあったら食べてみたり(笑)。ドラゴンフルーツは初めて食べてみました。おいしい果物をたくさん食べられたことも良い思い出になっています。

Q.マネジャーさんたちにも分けてあげたとか。

 こっそり僕のスタイリストたちにも渡してあげて、「バレないように早く持って行きなさい!」って(笑)。

Q.青果店のメンバーは同年代の方が多かったと思いますが、撮影現場はどのような雰囲気でしたか?

 結構めちゃくちゃな現場でした。みんなの笑い声が絶えませんでしたね。すごく疲れているときや眠いときでも、みんなと一緒に笑っていると元気が出てきました。

Q.このドラマのように、もし起業するとしたらどんなことをやってみたいですか?

 撮影当時に、イケメン青果店メンバーみんなで冗談交じりに、「本当に青果店をやってみる?」という話もしました。でも実業家役を演じてみて、商売って本当に大変なことなんだなぁと分かりました。逆に「僕はやっぱり演技を頑張ろう」と思えるきっかけにもなりましたね(笑)。

Q.テヤンは野菜が大好きとのことですが、チ・チャンウクさんは野菜や果物の好き嫌いはありますか?

 果物でしたら種類を問わずに全部好きです。実家では果物を毎日食べていたので、子どもの頃からいつも食べていました。でも野菜はそれほど好きじゃなくて、昔は偏食もしました。特に苦手なのがニンジンです。ニンジン特有の臭いが苦手で、いまだに食べられません。僕のニンジン嫌いを克服させるために、母はニンジンジュースを作ってくれたりしましたが、それでも嫌で嫌で。よくしかられました(笑)。

Q.お母さんは、ニンジンをこっそり料理に入れたりしなかったですか?

 それを僕、絶対気付くんですよ(笑)!

Q.このドラマは、若者たちの成長物語だと思うのですが、最近自分が「成長したな」と思うことは?

 ときどき、「このまま止まっていたらダメだ」と自分で危機感を感じたりします。「少しずつでも前へ進まなければ」と。そういう気持ちを持って仕事をして、もっと視野を広げていろんな人に出会ってみようと気を付けています。そういうことを思うようになったところですかね。

Q.テヤンは、大人になってからも初恋の相手を思い続ける純情な心の持ち主ですが、チ・チャンウクさんは実際にそういう恋はあり得ると思いますか?

 簡単ではないと思います。人の気持ちって、変わっていくものだと思っていましたが、テヤンのいちずさには演じた僕自身が感心するほどでした。ずっとジンシムを思い続ける彼の純粋な気持ちがあまりにもすてきだったので、「僕もこういう恋愛をしてみたいな」と思ったこともありました。

Q.たくさん恋愛できた方がいい気もしますが。

 僕もそう思います。恋愛も含め、愛にあふれる人生がいいと思っています。でも、考え方によっては、テヤンみたいなタイプも悪くないと思いました。ずっと一人だけを愛していて、その気持ちが本気であればいいんじゃないでしょうか。


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top