FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

先取りチェック! 2012年デビューの大型新人アイドルNU’EST

2012年12月15日

(左から)Minhyun、Ren、JR、Baekho、Aron

 ことし3月に韓国デビューを果たした5人組ボーイズグループ“NU’EST(ニューイースト)”。スタイリッシュで洗練されたルックスの彼らは、“AFTERSCHOOLの弟”としてデビュー前から注目されていた期待のグループだ。激戦のK-POP界の中で“ニュースタイル・アイコン”として異彩を放ち、着実にファンを増やしているNU’ESTをご紹介します。(写真◎金井尭子)

Q.12月10日に、日本で初めての単独公演を行いましたが、いかがでしたか。

Baekho(ベクホ) すごくうれしかったです。3000人もの方が来てくださるとは思ってもいなかったので、たくさんの方が来てくださってとてもうれしかったです。

JR(ジョンヒョン) ひとつ残念だったのは日本語。僕たちが日本語を話せたら、もっと皆さんとコミュニケーションを取れたのに、と思うとそこが残念でした。

Baekho だからまず今は日本語を勉強しています。言葉が一番重要だと思うので、重点的にやってます。

Q.歌手を目指したきっかけと、NU’ESTとしてデビューするまでのいきさつを聞かせてください。

Minhyun(ミンヒョン) もともと音楽が好きで、学校でも音楽を頑張っていたんですけど、東方神起の曲を聞いて育ったので、彼らに憧れて歌手になりました。

Aron(アロン) 小さい時から歌うのが好きで、友達とよくカラオケに行っていました。ロサンゼルスでオーディションを受けたのがきっかけです。

JR 僕はスカウトされて歌手になったんですけど、エミネムのラップにすごく影響を受けました。

Ren(レン) オーディションを受けて歌手になりました。レディー・ガガが好きです。

Baekho 僕の場合、スカウトされたのがきっかけで、練習生になってデビューに至りました。僕とRenが同じ時期です。一番古いのはJR、次がRenと僕、次がMinhyun、Aronさん。BIGBANGのステージを見ると、すごい自由で幸せそうな感じがするんです。僕もあんな歌手になりたいと思って憧れています。

Ren 結成してからデビューまでは…1年くらい?

Minhyun 5人集まって、NU’ESTとして始まったのは1年前です。

JR その1年間は、ずっとデビューの準備をしていました。

Baekho デビューすると決まってはいても、いつなのかはっきり決まっていなかったので、練習ばかりする日々が続いていました。そのときが一番大変でした。

Q.皆さんが目標とするグループやアーティストは?

JR NU’ESTとしてのロールモデルなんですけど、東方神起とBIGBANGです。ステージ上でのパフォーマンスがすごくかっこいいので、あんなふうになりたいなと。ああいう味を出していきたいです。

Q.ステージ上での失敗談は?

Baekho 失敗はいっぱいしてます。

JR デビュー曲が「FACE」という曲なんですけど、その中で椅子を使ったパフォーマンスがあるんです。途中で椅子を倒すっていうミスは本当にたくさんありました。

Baekho 生放送で「FACE」を歌ったとき、チェーンの付いた衣装を着ていたんですけど、“椅子にチェーンが絡まって足が椅子から離れない、どうしたいいか分からない!”という状態のRenが映っちゃったり。

Ren 5秒ぐらいそのままだったんですけど、自然と抜けて元に戻りました(笑)。

 

(左から)Minhyun、Ren、JR、Baekho、Aron

Q.5人で共同生活を送る宿舎での、メンバーの役割分担は?

Aron お母さんっぽいのはMinhyun。

Minhyun 僕はきれい好きなんです。メンバーに掃除しろとかいろいろ言うので、お母さん役だと思われてるみたいです。

JR でもお父さんっぽい人は特にいなくて。Minhyunは間違いなくお母さん役なんですけど…。

Minhyun みんな息子ですよ。

Baekho マンネ(末っ子)っぽいのは…僕?

Minhyun Baekhoはしっかりしてるように見えて、すごく部屋を散らかすのでマンネだと思います。

Minhyun&JR 僕たち、ルールみたいなものは特にないんですけど…。

Baekho きれいに使おうということと、他のメンバーに迷惑を掛けない、ということじゃない?

Minhyun あと、外出するときはテレビとオンドルを消していく。それはルール。電気代が掛かるので。

Q.やめてほしいことはありますか。

Baekho Minhyunさんはすぐ怒ります。お母さんがしかるみたいに(笑)。

Aron Renがシャワーするとすごく時間がかかります。三、四十分ぐらい! 他の人もシャワーしないといけないんですけど、長いから早くしてほしいです。

Q.メンバーのうらやましいところは?

JR Aronさんが英語を話しているとき。

Minhyun 僕も海外公演をするときいつも思っているんですけど、Aronさんは英語でいろんな人とコミュニケーションできるのがすごいと思います。

Aron Minhyunの背が高いところと、Renの長い脚。

Ren JRのカリスマ性がうらやましいです。

Baekho Minhyunの鼻。間違えた(笑)、Aronさんの鼻がかっこいいと思っています。

Q.日本のファッションが好きと伺いましたが、買い物にも行きましたか?

JR ことしの夏に来た時に原宿に行ったんですけど、すごい良かったです。

Minhyun 個性的な服がたくさんありました!

Ren レディー・ガガや2NE1が行ったことで有名なお店があるんですけど、韓国では見ることができないような個性的で面白いものがいっぱいありました。

Baekho そのお店で「Not Over You」のミュージックビデオの撮影をして、サインもしてきました。

 
  • 1
  • 2

関連リンク

応募はこちらから 【締切】2013年2月17日(日)

icon◎直筆サイン色紙を1名様にプレゼント!


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top