FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

イ・ミンホ「シティーハンターの心の痛みに共感できた」

2012年2月15日

12年2月14日、「シティーハンター in Seoul」の主演俳優イ・ミンホが、同ドラマのフジテレビ韓流αでの放送開始(2月6日から放送中)を記念し、東京・台場でイベントを開催。イベント終了後、マスコミを前に、ドラマの撮影秘話を語り、作品をPRした。

シティーハンターの心の痛みに共感できた

Q.シティーハンターを演じるときに意識したことは?

僕が演じたユンソンという人物は、心の中に痛みを感じている、とても寂しい人だと思いました。なので、心の中の寂しさをうまく表現できるよう、意識して演じていました。撮影が終わってからも、じーんとした熱い思いというのがしばらくずっと続いていました。

Q.劇中、華麗なアクションを披露していますが、どのように練習しましたか?

今回、ドラマでお見せした武術は、普段から運動していたものとは違うものだったので、撮影に入る前に3カ月ほど練習をしました。特に基礎的な動きを中心に特訓しました。しかも今回は、ただ単に殴って殴られる、という単純なアクションではなく、斬新なアクションをお見せすることを目標にしていたので、東南アジアのカリという武術の練習もやっていました。撮影が終わってからは、他のスケジュールが立て込んでいてなかなか運動や体調管理ができなかったのですが、ようやく先週から筋トレやウエートトレーニングを再開しました。

Q.「シティーハンター」の原作漫画やアニメは見ましたか?

僕がまだ小さいころに人気のあった漫画だそうですね。実際に見てみて、原作に登場するユーモアやギャグなどが、色あせることなく、今でも読者の共感を得られる、ということがすごいと思いました。

Q.好きな日本の漫画は?

日本は漫画やアニメがとても充実していますし、面白い作品も多いですよね。中でも、「SAMURAI DEEPER KYO」、「ザ・ファイティング(はじめの一歩)」などが好きです。

Q.役柄と自分自身の共通点は?

まず共通点をお話しします。ちょうどユンソンを演じた当時は、僕自身も何となく寂しさを覚えていた時期だったので、ユンソンの心の痛みや孤独に強く共感できました。また、男性に限らず、人は誰でも正義感を持っていると思いますが、その点でもユンソンのキャラクターを理解しやすかったですね。

Q.ユンソンを演じて一番強く感じたことは?

ユンソンは最後まで忍耐強く、そして自分なりの信念を持ち、自分のやり方にこだわってそれを貫いた人物です。それを考えると、同じ男として、そして人としてすごいな、と感じました。また、非常につらいバックグラウンドや心の痛みを抱えながらも、最後までしっかりと自分の仕事をやり遂げるその姿は、尊敬することもできました。

Q.役柄にはどっぷりはまるタイプですか?

ドラマが終わった後も、しばらくキャラクターの感情が残っているタイプだと思います。その後、新しいスケジュールが入ってきて慌ただしく過ごすうちに、だんだん役柄から抜けていきます。「シティーハンター in Seoul」のときは、後半部分の撮影では笑うシーンがほとんどありませんでした。そのせいか、ドラマの後に明るい雰囲気で撮影しなければいけない仕事があっても、なかなか笑顔が作れなかったりもしました。

イベントでファンと記念撮影をするイ・ミンホ

Q.韓国ドラマ版「シティーハンター in Seoul」の魅力は?

このドラマでは、主人公がシティーハンターになるまでの心の痛み、そして心の痛みを抱えながらも成長していく姿がしっかりと描かれています。そして、新しい人生を歩むきっかけを見つけ、たくましく生きていく姿、そのあたりが魅力ではないかと思います。

Q.2012年はどんな1年にしたいですか?

俳優としては、やはり自分の出演した作品が成功してほしいと願うばかりです。個人的には、ファンミーティングでたくさんの方にお会いしたいです。いろんな国を回って、いろんな国のファンの皆さんと交流したいと思っています。

Q.次の作品は決まっていますか?

今はいくつかの候補の中から出演する作品を選んでいるところです。早ければ2月か3月に出演が決まります。もし決まったら、おそらく12年はそのドラマにどっぷり漬かることになると思います。準備をして撮影に入り、放送が終わるまでに3、4カ月かかることを考えると…、多分、1年がその作品で終わってしまうのではないかという気がしています。

Q.そのドラマはいつくらいに放送予定ですか。

夏の終わりか秋くらいになると思います。

Q.韓国のお勧めスポットは?

皆さんがまだあまり行ってないようなところだと、南漢山城(ナムハンサンソン/京畿道広州市にある李朝時代の山城。現在は一体が道立公園となっている)ですね。食べ物もおいしいし、空気もいいし、すごく視界が開けていて夜景もきれいなんです。あと、若い方には、(ソウルのおしゃれスポットとして知られる)清潭洞(チョンダムドン)やカロスキルがお勧めです。

Q.日本で行きたいところは?

ぜひ温泉に行ってみたいです。日本といえば真っ先に“温泉”が思い浮かびますよね。でも、僕はまだ有名な温泉には行ったことがないので、旅行がてら温泉に行けたらいいなと思っています。

■「シティーハンター in Seoul」

フジテレビで放送中。月~金曜 後2:07~3:00ほか

DVD-BOX1、エスピーオーより発売中。BOX2は12年2月24日発売予定


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top