FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

「赤と黒」のヒロイン演じたハン・ガイン「自ら人生を切り開いていくヒロインに魅力感じた」

2011年12月2日

(c)アジア・コンテンツ・センター グッド・ストーリー NHK

日本語のせりふは今でも覚えています

Q.「赤と黒」のロケ地、下呂温泉はいかがでしたか?

下呂はとにかく水がきれいでした。撮影後、毎日温泉に浸かっていたら、お肌もツルツルになって(笑)。小さな町でしたが、とても温かく、心が休まるところでした。今度はプライベートで訪れてみたいです。

Q.撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

撮影は時間との戦いです。毎日夜遅くまで撮影して、台本が出たら急いで読み込まなければなりません。だから、余裕を持って撮影できる雰囲気ではありませんが、基本的に私たち3人(ハン・ガイン、キム・ナムギル、キム・ジェウク)がイタズラ好きだったので面白かったです。

Q.演じながら、一番胸を痛めた場面は?

テソンから連絡を受け、食事中のゴヌクを1人残して部屋を出て行くシーンです。撮影のとき、あまりに胸が苦しくて足が動きませんでした。人間って、1人でご飯を食べているのを見ると、胸が締め付けられるじゃないですか。あのシーンでは、母性本能を刺激されました。

Q.テラとゴヌクのキスを目撃し、警察でゴヌクに本音をぶつけるシーンも印象的でした。

そのシーンは、台本をもらってすごく悩んだシーンです。確かに、それまでもゴヌクとジェインが関係を築いていく過程は描かれていましたが、「そこまで?」と疑問に思うほど、感情が大きくジャンプしたからです。それ以降の展開をより切なく悲しく見せるためには絶対に欠かせないシーンでしたが、どう理解して演じればいいのか全然分からなくて…。でも、それまで自分の感情に気付かなかったジェインが、キスを目撃して初めてゴヌクへの思いに気付くのだと理解し、そう伝わるよう演じました。

Q.日本語のせりふには苦労されましたか?

イントネーションに苦労しました。それに、意味が分からない状態でせりふを覚えなければならないのも大変でしたね。単語の意味を全て理解してから覚えるには時間が足りなかったので、音で覚えることにしたんです。せりふを録音してもらって、何度も繰り返し聞きました。歌を聴くように覚えたんです。そのせいか、韓国語のせりふはあまり思い出せなくても、日本語のせりふは今でも覚えています。

Q.個人的には、どんな結末を望んでいましたか?

み~んな幸せになれればいいですよね。でも、個人的には、どんな作品でも、サッドエンドのほうが強烈に記憶に残るんじゃないかと思うんです。木村拓也さんが主演の「空から降る一億の星」(02年フジ系)やイ・ヒョンミン監督の「ごめん、愛してる」(04年KBS)もそうでしたし。それに、ドラマの雰囲気にもそのほうが合っている気がしたので、実はサッドエンドを望んでいました。

Q.「赤と黒」が日本で大変話題になっていますが、人気を実感していますか?

この間、一人でパリを旅したとき、日本人夫婦から「『赤と黒』に出演された方ですよね?」と声を掛けられて、すごく驚きました。パリで、しかも田舎に向かう汽車の中で気付かれるなんて…。反応が良いとは聞いていたけど、本当に見てくださっているんだな、と実感しました。

Q.今後の活動予定を聞かせてください。

つい先日、映画の撮影が始まりました。近々ドラマも決まると思います。また良い作品でお目に掛かれるといいですね。

Q.2011年冬は撮影で大忙しですね。

そうですね…。100年ぶりの大寒波らしいのにどうしよう…(笑)。

Q.日本のファンにメッセージをお願いします。

「赤と黒」の撮影が終わったのがもう1年も前なので、昔のアルバムを見ているような気分です。ストーリーが複雑なドラマなので、何度かご覧いただいたほうが、より理解できるかもしれません。ドラマを楽しんでいただければうれしいです。

■ハン・ガイン

82年2月2日生まれ。本名キム・ヒョンジュ。168センチ、47キロ。AB型。慶熙大学ホテル観光学部卒。02年CMモデルとしてデビュー。03年、「黄色いハンカチ」(KBS)の澄ました令嬢役で視聴者に強い印象を残し、04年、映画デビュー作『マルチュク青春通り』で大ブレーク。「愛情の条件」(04年KBS)、「新入社員」(05年MBC)、「魔女ユヒ」(07年SBS)などを経て、10年、3年ぶりのドラマ「赤と黒」(SBS)で好評を得る。12年に、オム・テウン共演の恋愛映画『建築学概論』の公開と、時代劇「太陽を抱いた月」(MBC)の放送開始を控えている。夫は俳優ヨン・ジョンフン。

「赤と黒」公式ガイドブック、発売中。

共同通信社発行、1365円(税込)。

★「赤と黒」<ノーカット完全版>DVD&ブルーレイ

BOX1 11年12月21日発売予定
DVD… 1万9550円、ブルーレイ…2万5200円

BOX2 12年2月4日発売予定
DVD… 1万5960円、ブルーレイ…2万160円
発売・販売ポニーキャニオン

「赤と黒」公式サイト

 

コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top