FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

半年ぶりに活動再開するMiss A、意気込みを語る

2012年10月16日

Miss A (C)マネートゥデー=共同

 Miss Aが5枚目のプロジェクトアルバムを引っ提げ、韓国音楽界に挑戦状を突きつけた。

 G-DRAGON、東方神起など人気歌手の新曲や、Epik Highの先行公開曲、男性デュオ10cmのアルバム収録曲が音源チャートをにぎわせ、男性歌手が勢いづいている10月の音楽界。そんな中、半年ぶりに活動再開するMiss Aがガールズグループの威厳を守ることができるのか、関心が寄せられている。

 プロモーション活動が始まったばかりなので結果はいましばらく待ちたいが、さまざまな面でMiss Aに寄せられる周りの期待は、いつにも増して大きい。

 Miss Aは、15日正午、5枚目のプロジェクトアルバム『INDEPENDENT WOMEN Pt.III』を正式にリリース。所属事務所JYPエンターテインメントの代表J.Y.Parkと手を組み、新たな挑戦に乗り出す。新曲を収録した作品としては、今年2月に「Touch」を収録したアルバムを発表して以来、約8カ月ぶりとなる。今回のアルバムには、タイトル曲「男なしでも生きていける」を含む5曲が収録されている。

 同曲はJ.Y.Parkが作詞作曲したダンスナンバー。自らの力で一生懸命仕事をし、堂々と生きる女性たちの姿や心情を表現したサザン・ヒップホップ。濃厚で力強かった「Touch」と比べると一段と明るくなり、変化し続けるMiss Aの努力を感じることができる。

 タイトル曲以外でも2PMのテギョンをフィーチャリングした「Madness」、Miss Aのファンキーな魅力を生かした「Ma Style」、テクノハウスとスパニッシュな雰囲気を強調した「Time’s Up」、ピクシー・ロットの「ママ・ドゥ」のメロディーを書いたフィル・ソーナリーが作曲を手掛けた「If I Were A Boy」と、いずれも期待を集めている。

 さらに、Miss Aが4月初め「Touch」の活動を終えてから今回のアルバムリリースまでに、国内外での認知度を高めたことも今回のアルバム成功への好材料になっているという。

 Miss Aはこの間、海外で頻繁に公演を行い、メンバー最年少のスジは演技やバラエティーで大いに注目された。この活躍でグループの認知度はさらに高まり、それが今回のアルバムへの期待感につながっている。

Q.「Touch」の活動後、どのように過ごしていましたか。

フェイ 韓国で活動していなかった約6カ月間は、海外で公演を行っていました。この間に、中国・瀋陽(しんよう)の映画館にはMiss A館もできました。個人的には健康にも気を使っていました。

スジ 私は「Touch」の活動を終えた後、ドラマ「ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>~」の撮影をしたり、バラエティー番組『青春不敗2』に出演したりしていました。

ジア 英語や音楽の勉強もしたし、自己啓発をしたり。

ミン 特にソロ活動をしていなかったので、運動したりして充電期間になりました。

Q.タイトル曲「男なしでも生きていける」を紹介してください。

フェイ 久しぶりに活動するので少し心配もしていました。だから、本当に一生懸命作りました。「Touch」と比較すると、メロディー、歌詞、衣装などいろいろな面でシンプルでソフトになっています。

ミン 今回の曲は、Miss Aのこれまでのイメージにないぐらい明るい曲です。ステージでは、笑って歌う私たちの姿もお見せできると思います。もちろん、もともとMiss Aが持っている堂々とした雰囲気もお見せしますよ。

Q.2010年夏に「Bad Girl Good Girl」でデビューしてから、順調に活躍し続けていますが、約2年の歌手生活を自己評価するなら?

フェイ 2年間、うまくやってきたなと思います。でも、まだまだ満足していません。他の人たちから見ると、私たちは失敗したことのないグループのように見えるようですが、気持ちの中ではいつも、もっとすてきなステージ、パフォーマンス、歌を見せたいという渇望があるんです。だから今回の「男なしでも生きていける」の活動では、一生懸命頑張ります。

ミン 正直なところ、デビューしてすぐに大きな人気を得たと思います。ただ逆に、その後はデビューの時ほどではないようにも感じています。そのことをとても残念に思っていたので、今回のアルバムは本当に一生懸命作りました。

Q.フェイさんとジアさんは、中国人メンバーとして注目を集めてきましたが、もう韓国には適応できましたか?

ジア 韓国で活動を始めて、もう2年になります。完全に適応したとはいえないけれど、うまく適応してきていると思います。もっと一生懸命頑張って、特に言葉の問題を早く解決したいですね。中国の公演でファンの皆さんが応援してくれたときは、歌手になったことを誇らしく思いました。

フェイ 韓国のステージでミスをしたときも温かく見守ってくれて、感謝することが多いです。事務所のスタッフが助けてくれるので、韓国の生活にうまく適応できています。

 
  • 1
  • 2


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top