FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

「カッコいい」の代名詞になったソ・ジソブ、「順調なのはタイミングが良かっただけ」

2012年10月16日

ソ・ジソブ (C)マネートゥデー=共同

Q.『カンパニーマン』という作品は、どういうジャンルに当たると思いますか。

 ラブストーリーとアクションの中間ぐらいでしょうか。イ・ミヨンさんとの絡みにも注目していただきたいし、アクションも頑張りました。仕事をしていながら、なかなか本音を語ることができないサラリーマンの大変さなども、ちゃんと出ている作品になりました。

Q.やはりアクションシーンはすごいですね。

 アクションは、身体全体を使って伝える一種の言語だと思います。だから一つ一つの動きを丁寧にしたいというのを常に心掛けているんですが、今回は今までやったアクションシーンの中で一番大変でしたね。イム・サンユン監督は実際に殴ったり蹴ったりすることを好まれるので、本当にぶたれる音がしないとOKが出ないんです。劇中に部下の脇腹を思いっきり蹴るシーンがあるんですが、何度も撮っているうちにその役者の脇腹が真っ青なアザだらけになっていました。申し訳なさ過ぎて家に帰りたかったです。

Q.しかもその部下役の方は女性だったとか?

 だから帰りたかったんです(笑)。まあ僕も「ファントム」では上司役のクァク・ドウォン先輩によくあざができるまで殴られたりもしたんですけどね。

Q.絶え間なく演技活動を続けられていますが、HIP HOPのアルバムを出された時は驚きました。いろんな活動を同時進行するのは大変ではないですか。

 俳優として、またはアーティストとして僕の中にあるものが全部消えてしまいそうで、少し休みたいと思うことももちろんあります。でも韓国では俳優に本当にたくさんのことが求められているんです。芝居もうまくないといけないし、いろんな姿を見せなければならないし。あと人柄もよくないといけないですね。矛盾しているところもたくさんあるけど、やっぱり仕事ですから。もしかしたらサラリーマンとも似ている職業かもしれません。時がたつにつれ、大変さが増していくのもそうですし。

ソ・ジソブ (C)マネートゥデー=共同

Q.兵役後は、全ての活動が順調に行われている気がします。自ら「運がいい」と思うことはありますか。

 運というよりは、タイミングが良かったんだと思います。自分では、ここまでよく粘ったなーって思いますね。デビューして9年でやっと認められ始めているので。いつも「2番手」なんて言われていましたが全然気にしていませんでした。いちいち気にしていたら、多分ここまで来ることはできなかったと思います。

Q.『ただあなただけ』の時もそうですし、この『カンパニーマン』も、なかなか製作が始まらずにいたのが、ソ・ジソブさんの出演が決まった途端スポンサーがつき、無事製作開始になったようですね。

 うれしいですよね。不思議に思えることもありますし。僕なんかにそんな資格があるかなって思うときもあります。

Q.作品を選ぶときに基準にしていることはありますか。

 みんなとは、作品を見る目がちょっと違うような気はしていますが、一度「これだ」と思った作品は必ずやっている気がします。

Q.あまりにも「クールでかっこいい」キャラクターばかりやられているのでは?

 業界の方に「クールでかっこいい」なんて言われるようになってから、少し意識はしているのかもしれませんが、作品を選んでいるときに自分がどう映るのかは、あまり気にしていないので。『カンパニーマン』を見ても、僕をそういう目で見てくださる方はいらっしゃるのかもしれませんが、僕にどうこうできる問題でもない気がします。

Q.先日は、近々結婚されるのではといううわさが流れましたが、実際そういう予定はあるのですか。

 全くないです。結婚に関する記者会見をやるなんてうわさもありましたね。僕もその前日に「明日記者会見するんだって?」なんて言われて驚きました。もともと共演した女優さんともあまり話さない方だったのですが、兵役後には、積極的に話し掛けたりするようになったので、「あれ、前と違うな?」と感じられた方々が「もしかしたらもう結婚しちゃうのかー」と思ったんじゃないかと思います。

Q.突然ですが、最近はお幸せですか。

 幸せになりたくて、いろいろ頑張っています。

Q.「恋愛したい」と考えることも?

 長い間恋愛を休んでいるので、最近は寂しいと思うときもありますね。どんなことがあっても僕の味方でいてくれる存在がほしいと考えることが、最近多いかもしれません。

(マネートゥデー、チョン・ヒョンファ)

  • 1
  • 2
 

コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top