FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

【前編】アーティストJUNOが語る、初のフルアルバムへ込めた思い

2012年10月13日

JUNO

 2011年8月の日本での歌手デビュー以降、アーティストとして急速に成長を遂げてきたJUNO(ジュノ)。これまで発表したシングル3作品で多 彩な音楽性を披露してきた彼が、その集大成として10月17日、ファーストアルバム『STYLE』をリリース。さまざまな“スタイル”を溶け込ませたとい うアルバム制作のビハインドストーリーからデビュー1周年を迎えた日本での活動まで、一気に振り返ってもらいました。

 

作詞はまずストーリーから考える

Q.ファーストアルバムが発売されますが、特に思い入れの強い曲は?

  「SEDUCTION」という曲は、久しぶりにかっこいいパフォーマンスを見せたいと思って、僕がイメージしていた曲を歌いたかったので、自分でいろんな ところに電話して、デモ曲を集めて曲を選びました。レコーディング自体はそんなに時間はかかってないんですけど、ミキシングやステージ用の伴奏を作ると き、エンジニアの方と何回も電話して調整したので時間がかかりました。たぶんエンジニアの方も大変だったと思います(笑)。今までは信じてお任せしていた んですけど、この曲はやっぱり自分でイメージしていたものがたくさんあったので、PVも含めてアイデアを取り入れてもらいました。自分の意見を言って作っ た曲なので、その分思い入れがあります。

Q.では、一番お気に入りの曲も「SEDUCTION」ですか?

 うー ん、実はそう聞かれるとちょっと変わるんですけど、「SEDUCTION」の他にもう1曲、「逢いたい」は僕が初めて日本語で作詞した曲なので、大事な曲 だと思っています。今まで韓国語では作詞をしたことがあったんですけど、やっぱり日本語でもやってみようかなって思って。この曲のメロディーを聴いたとき に、僕が想像したストーリーがあったので、スタッフの方と相談して、「この曲は僕が頑張って日本語で作詞したいです」と言って書きました。

Q.作詞はどのようにされていますか。

  デモ曲を聴いた後、まず初めにドラマみたいにストーリーを考えます。その後、そのストーリーを短くして、Aメロ、Bメロ、サビと分けて、僕の中で整理しま す。大体書き終わったら、いろんな人の意見を聞いてみます。僕の目線だけだと狭いし、いろんな人のアイデアを取り入れた方が、誰が聴いてもいい曲になると 思うんです。それから、曲と歌詞が合うのが一番大事なことだと思うので、作詞をしているときは何百回もその曲を繰り返し聴きますね。それで、いろんなアイ デアが浮かんだら、全部ノートに書き留めます。

Q.一番レコーディングで苦労した曲は?

  「その髪も 指も 唇も…」です。この曲は、最初は今回のアルバムのタイトル曲ではなくて、「蜜フェチ」というBeeTVドラマの主題歌だったんです。そのとき僕は韓国でド ラマ撮影をしていたので本当に時間がなくて、日本からスタッフに来てもらって韓国でレコーディングしました。でも、この曲が本当に良かったので、アルバム のタイトル曲になったんです。それで、もう少し細かくレコーディングしたいと思って、録り直しました。

Q.ご自身ではどのスタイルが一番自分に合っていると思いますか?

  ステージが盛り上がる曲としては、やっぱりダンス曲や「Everything」ですけど、僕に一番合うなと思うのは、悲しくて切ないラブソングだと思いま す。僕自身も「恋したいなぁ」と思うときもあるし、切ないときもあるので。どんな曲でも感情を込めて歌うんですけど、そういう曲だと特に感情を込めやすいですね。

 
  • 1
  • 2


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top