FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

演技初挑戦の大国男児カラム「頑張って芝居している姿を、ぜひ見てください」

2012年8月14日

5人組のボーカル・グループ、大国男児のメンバー、カラムが映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』で、映画初出演にして初主演を果たした。男子高校で“姫”扱いされる、外見はかわいいが中身は男らしい男、白石秋羅を熱演。大国男児のメンバー、アイドルグループ歌手ではなく、俳優カラムとして堂々と演じきっていた。日本で生活する上で日常会話なら全く問題のないカラムに、共演者や撮影中のエピソードについて日本語で答えてもらった。

演技初挑戦となった秋羅役は自分と似ている

Q.本作に出演したきっかけは?

突然キャスティングされたんです。実は、白石秋羅役には当初、何人か候補はいたんですが、漫画家の新條まゆ先生と福山桜子監督が、僕を見た瞬間、役にぴったりだと思ったそうです(笑)。

Q.原作の漫画はご覧になりましたか?

最初に、原作の漫画を頂いていたので、それを読んだ後で僕にキャスティングが決まったと聞いたんです。秋羅役を演じられるのかなぁと、不安になりましたし、心配にもなりました。いろいろ大変な日もあったんですよ。

Q.不安に思う点は?

ご覧になったら分かると思いますが、脱いだり…こう…。「僕は、一応アイドルなんですけど!」みたいなね(笑)。

Q.劇中、女装をしていましたからね。すごく似合ってるなあと思ったんですが、これまでに仕事で女装したりしたことは?

ないです! そういう機会もないし、やる気もないし。

Q.ご自身で似合っていると思いましたか?

うーん、そういうことよりも、女性の服って着るのが大変だと思いましたね。だって、スカートはく前に、こうなんか、下にパンツとかはいたりするんですよ。それと、タイツね!

Q.タイツもしっかりはいてましたよね!

そうですよ。(足の)毛が見えちゃうから(笑)。

Q.大国男児のメンバーからアドバイスとか、女装についてのコメントは?

ジェイは芝居の経験もあるから、少し教えてもらったりしたんです。「でも、あまり考え過ぎるとうまく演じられなくなるから、君なりに秋羅のイメージを作り出していけば、そんなに難しいことはないよ!」って、アドバイスしてくれたんです。それでかなり気楽に撮影をすることができました。

Q.秋羅と似ていると思った点は?

うーん、女の子に間違われたりとかですね。子どものころ、しょっちゅう間違われました。モデルをしていたので、長髪だったんです。母は美容界で働いていたから、1カ月に1回は髪を染められていたし。あと、子どものころは弱かったから、よく殴られたりいじめられたりしていましたね。だから、反動で運動をしたりして体力をつけて強くなってきました。

Q.劇中の秋羅そのままって感じですね。

そうですね、だから役作りはそれほど難しくなかったです。逆に、演じやすかったですね。

Q.女の子に間違われてしまうからこそ、男らしく見せようと努力したことは?

小さい時から女の子に間違われていたから、バスとか電車とかでよく痴漢に遭っていました。精神的には男らしいのに女に見られることが多くて、自分の性について混乱する時期があったんです。「僕は、一体何なんだろう」って、悩むことがあって、病院で相談したりしていました。だから僕は男嫌いなんですよ、普通に女の子が好きですし。当時は、同じいすに座るのはいいんですけど、近づかれるとすごく嫌だった。特に、年上の男性がすごく苦手でしたね、今は大丈夫ですけど・・・。近づいてくるのは別にいいんですが、触ったりしないんだったら。実際、子どものころの衝撃が強過ぎて、父から格闘技を習うように勧められたんです。

Q.そうだったんですね、外見からは想像できないほど男らしい一面があることを知りました。

僕が通っていた所は、格闘技選手育成プログラムと趣味のプログラムの二つに分けられていたんです。僕は選手になる予定はなかったから、趣味程度に習っていました。でも、趣味以上に習いたくなって、選手育成プログラムと同じメニューを習いたいと頼んだんです。一緒にメニューをこなしていたんですが、練習の量が全然違うんです。スパルタで、(足のすねを指差して)ここに骨があるでしょう? ここを野球のバットをすねの上で力強くころがすんですよ。そうすると、骨がバキバキッて折れるんです。骨って、傷を修復させながら骨自体が太くなっていくんですよ。その後、キックの練習をするんです。今、骨がヤバいんですよ、すごく骨太になったんです。毎日泣きながら、それを続けてきたから、こう見えて力も強いんですよ。

 

コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top