FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

「ラブレイン」主演チャン・グンソク×ユナのインタビュー 「70年代と現代がつながる、純愛ストーリーに魅力を感じた」

2012年8月2日

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督と脚本家のオ・スヨンが再びタッグを組んだ「ラブレイン」。“1970年代”と“現代”という二つの時代を超えてつながっていく“運命的な愛”を描く。クラシカルでロマンチックなラブストーリーで一人二役を演じた、チャン・グンソクと少女時代のユナに、話を聞いた。

(C)YOON’S COLOR

アナログな恋愛とデジタルな恋愛に魅力を感じた

Q.ドラマのオファーを頂いたとき、どのように感じましたか?

チャン・グンソク(以下チャン)実は台本を見てすぐに出演を決めたわけではありません。当時、僕はアジアツアーをしていたので、台本を受け取ったときもずっと海外にいましたし、それほど強く感じるものがなかったんです。それはドラマ序盤の設定が1970年代だったから。自分が経験したことのない時代を演じるのは難しいと考えました。経験をしたこともなければ演じたことすらない時代背景です。でも、なぜか台本の内容が頭から離れず、気付くと移動中に何度も読んでいたんです。そしてドラマの内容が気になっている自分に気付いて挑戦してみることに意味があると思うようになり、出演を決めました。

ユナ 本作に出演するまで演技活動には2年のブランクがありましたが、いい作品に出演したいという意欲に満ちた時期でした。スタッフの方々や監督、脚本家、出演者ら、すべての面で本当に魅力的な作品でした。それで出演を決めました。

Q.台本のどんなところに一番魅力を感じたのでしょうか?

チャン 最初に台本を受け取ったときに感じたのは、アナログな恋愛とデジタルな恋愛という、異なる表現方法により、愛の本質を見せるという手法に対する魅力でした。最初に頂いた台本は70年代の部分だけでしたし、僕はちょうど映画『きみはペット』の撮影前でした。映画の内容とキャラクターが全く違うし、これまで演じたことのない役だったから演じてみたいと思いました。

Q.そこが一番の決め手でしたか?

チャン そうですね。一つのイメージだけでなく、少しずつ未知の領域に挑戦していくことは、俳優の務めだと思っています。

Q.初めて台本を読んだときはどう思いましたか?

ユナ さらに意欲が高まりました。美しさと温かさが感じられる台本でした。あらすじに書かれていた、「心に残るドラマを作ろう」という言葉が心にぐっときて感激したんです。私が演技をするときは他のことは考えたりせず、後でこのドラマを見たときに大事な思い出にしたくなるような、自分自身にとってもそんな作品にしたいと思いました。

Q.久しぶりにドラマ出演した心境は?

ユナ これまで何作かに出演しているので、2年のブランクがプレッシャーにもなりました。演技力を向上させるには十分な時間だったのに、それまで待っていてくれたファンの期待に応えられるかどうかという、心配や不安もありました。でも、一方で意欲を高めてくれる力にもなりました。とにかくベストを尽くして撮影をしました。

Q.今回ソ・イナとその息子であるソ・ジュンの二役を演じましたが、2人はご自身からみてどんな人物でしょうか?

チャン それは、本作の中で最も難しい課題であり、解くべき問題だと思います。イナとジュンは親子の関係ですが、違う時代を生きていて愛の表現方法も違います。ジュンは父の純粋な愛が全く理解できず、父との関係はどんどん離れていきます。全く違うスタイルの2人で、イナの愛は“純粋な愛”なんです。彼は透明なガラス玉のような純粋で澄んだ愛し方をしますが、ジュンは正反対でとてもクールで、“言いたいことは、言う”というタイプ。本作で全く違う2人を演じ分けるのはとても大変でしたし、最も悩んだ部分です。

Q.二つの役を演じ分けるに当たって気を使ったことは?

チャン まず、最初に最も基本的なことですが、ビジュアルで時代の違いを表現しています。70年代のイナを演じるときは、アコースティックギターが似合うようなイメージで、その時代を生きる大学生に見えるよう、当時の資料などを参考にして役作りしました。劇中、映画の話が出てきますが、監督にその映画のこととか、当時流行していた音楽について聞いたり資料を参考にしたりして、その時代に共感できるよう努力しました。ジュンの場合は、共感しやすいと思ったんです。僕が生きているのは2000年代ですし、彼も現代に生きている若者だからです。ただ デジタル化された現代は70年代とは違って、何もかもが速くて流れていく。だからこそ、ジュンの方が準備が必要だと思いました。

 

コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top