FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

チ・チャンウク「男として、“愛する女性を守る”という気持ちで演じました」

2012年7月11日

愛する女性を助けるため戦い続ける男、それがペク・ドンス

Q.ペク・ドンスという人物を一番よく表していると思うシーンはどのシーンですか?

先ほどもお話しした、ジソンの背中に火をつけるシーンだと思います。最初は、そのシーンを理解するのが難し
かったです。“愛する女性にどうしてそんなことができるのか” そう思ったんです。(ドラマの中で)ドンスもそのことでとても胸を痛めるんですが、その姿こそがドンスなのではないかと思います。愛する女性を助けるためにそうするしかないと判断し、それを実行したところがドンスらしいと思います。他にも、ドンスが王様を守るために宮殿の中で1人で戦い続けるシーンがあります。そのような忠誠心も、ドンスをよく表現している部分だと思います。

Q.ヨ・ウンとは親友からライバルへと関係が変化していきますが、役を演じる中でどのように感じましたか?

ヨ・ウンに対する気持ちは愛憎です。切なくもあり残念でもある複雑な思いです。彼は単なるライバルではなくとても大切な友なのに、こういう関係にならざるを得なかった。互いの状況がとても恨めしくて、でもその状況を受け入れるしかないという…だから単なるライバルではなくて、ドラマの中でもドンスはヨ・ウンにいつもそのことを言うんです。けれども、もはや元の関係には戻れない状況ですし、そういう内容も含めて一言でまとめられる関係ではありません。この複雑で微妙な関係は、ドラマを通してお分かりいただけると思います。

Q.撮影の中で苦労した点、記憶に残るNGシーンなどはありましたか?

正直に言うと、とても苦労しました。撮影場所がすごく暑くて! ただでさえ暑いのにあんな分厚い衣装を着て走り回ったりアクションをこなしたりするのは大変でした。汗のせいで、NGがたくさん出ました。

Q.ご自身が出演したシーンの中で一番好きなシーンは?

ドンスとヨ・ウンとチョリプの3人で、たくさんの人々が訓練を受けているところに堂々と入っていって、その大勢の人々とけんかになるんです。かなりの人数とこの3人でけんかをするんですが、そのシーンが面白かったです。3人がひとつになって同じ敵を相手に戦うというところが好きなんですね。その3人のキャラクターもはっきり表現されていたし、この設定のおかげで3人の結束が強調されて、とても良かったと思います。

Q.「ペク・ドンス」の共演者について教えてください。

ヨ・ウン(ユ・スンホ)について

スンホは僕より年下ですが、とてもしっかりしています。ある時は弟みたいにかわいいいのに、またある時はしっ
かり者なんです。彼は人見知りなので、親しくなるのに時間はかかりましたが、とても根が優しく、礼儀正しい人
です。だんだんと仲良くなりましたね。

チョン・グァンリョル、チェ・ミンスについて

お二人は本当にカリスマ性あふれる先輩で…最高と言うしかありません。演技がとてもお上手ですし、後輩を
とてもかわいがってくださるので、とても楽しく撮影できました。そして意外にも、お二人ともおちゃめなんです。お二人のおかげで現場の雰囲気がとてもよかったです。

シン・ヒョンビンについて

ヒョンビン姉さんは劇中のジソンお嬢さんそのままです。とてもしなやかで賢くて優しい方です。

ユン・ソイについて

ユン・ソイ姉さんはもともと運動神経がいいんです。女性にもかかわらずアクション演技も上手ですし。そんな姿を見て感心してしまいました。

Q.ムードメーカー的な役割は誰でしたか?

チョリプ役のチェ・ジェファンさんです。ジェファンさんが一番のムードメーカーでいつも笑わせてくれたので、現場は常に楽しかったです。現場が山の中なので遊びという遊びはできなかったので、色んな話をしました。真剣な話をした記憶はあまりないですけど(笑)。もっぱら冗談を言いながら、楽しく過ごしましたね。それで時々、現場にジェファンさんがいないとすごく寂しかったんです。それぐらい仲がよかったし、たくさんの時間を共に楽しく過ごしました。

Q.ユ・ジソンとファン・ジンジュ、どちらがタイプですか?

僕は明るい性格の女性が好きです。おしとやかな感じのジソンより、いつも明るくてポジティブで元気なファン・ジンジュの方が好感が持てますね。

Q.好きな女性のタイプは?

外見でこうと決めた理想のタイプはありませんが、面白い人がいいです。2人で話をする時に、いつも僕が笑っていられるような面白い人がいいですね。そして気が合うといいですね。考え方が似ていて話が弾む人だと、なおいいです。そして自分の主張をはっきり持っていて動じない人がいいです。自分の仕事への情熱を持っている人もカッコイイですね。


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top