FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

「モダン・ファーマー」のイ・ホンギ、もんぺ姿で白菜作りにチャレンジ!

2015年3月20日

(C)SBS

 昔は人気ロックバンドのメンバーだったが、今ではそれぞれ事情を抱えた4人の若者たちが、ひょんなことから白菜栽培という全くの“畑違い”の仕事に挑戦。そんな奇想天外な設定が話題を呼んだドラマ「モダン・ファーマー」が、現在、動画配信サービス、dビデオで配信中。自らもロックバンド、FTISLANDのボーカルであり、本作では借金を背負い一念発起して元メンバーたちを誘って農村にやって来る、リーダー、ミンギ役に扮(ふん)したイ・ホンギに、気になるドラマの裏側を聞いた。

★4月6日発売の『もっと知りたい!韓国TVドラマvol.66』にロングインタビュー&撮り下ろし写真を掲載!

 

Q.本作では帰農したロックバンドのリーダー役を演じましたが、苦労も少なくなかったそうですね。特に大変だったのは?

 ワイヤを使った撮影です。そういうシーンが本当にたくさんあったんですよ。序盤で借金取りが僕をひもで縛って水槽に落とすシーンや、初恋相手役の(イ・)ハニ姉さんにビンタを食らって吹っ飛ぶシーン、シカに追い掛けられて逃げるシーンなどはどれも、ワイヤを使って撮影したんです。

Q.見る方は面白かったですが、演じる側は大変だったんですね。

 それでも面白いシーンが多かったので、体がつらくても楽しく撮影できました。序盤にバンドメンバーたちと田舎にやって来て、亡くなった祖母の家に住もうとするシーンがあります。部屋にはシカがいるし、家は火事になるしで大騒ぎになるシーンなのですが、あれを撮った時は本当に楽しくて、だから今でもよく覚えていますね。

Q.撮影しながら畑仕事も少し覚えましたか。

 もちろんです。白菜は僕らが実際に育てたんです。それに、台本に農作業のことがとても詳しく載っていたので、せりふを覚えるだけでも勉強になりました。

Q.ミンギはいつも元気いっぱいでしたが、ホンギさんもそうですか。

(C)SBS

 そういうわけではありません。僕も人間ですから、気持ちの浮き沈みはあります。それでも以前よりはましになりましたが。僕は何かの仕事をする時、その時の気持ちや周りの雰囲気がとても重要なんです。撮影現場でも、集中しなくちゃいけない時に誰かがそばでふざけていたら、ちょっと嫌なんです。顔には出しませんが(笑)。歌の練習も頭の中でたくさんします。歌詞の意味一つ一つを思い浮かべながら十分にイメージトレーニングをして、一人の時に1、2回歌ってみます。

Q.「モダン・ファーマー」もロックバンドの物語だったので、撮影中もFTISLANDのメンバーを思い出したりしたのでは?

 いえ、思い出しませんでしたね。だからと言って、決して冷たい関係というわけじゃなくて、僕は演じる時は演技のことしか考えないんです。歌う時は絶対メンバーと一緒じゃないと駄目ですし。実際、メンバーたちとは演技の話もしないんです。音楽の話はたくさんするのですが、みんな演技は自分の専門分野じゃないと思っているからか、話自体出ないですね。

(C)SBS

Q.では、演技の話は誰とするんですか。

 僕一人で(笑)? 作品が決まれば監督や脚本家とたくさん話し合います。

Q.俳優は作品を一つ終えるごとに何かを学ぶと言いますが、ご自身もそう思いますか。

 もちろん。経験が増えるのでその分、センスも磨かれるし、演技に関しても考えられる範囲が広がると思います。似たような役を任されても、監督によって求める役のイメージはみんな違うだろうし、僕と監督でも考えが違う時もあります。その中でバランスを取って役を作っていくと、「こんなふうにも表現できるんだな」と分かってくるんです。僕はあまり準備をたくさんせずに現場で体当たりで学んでいくタイプなので、作品が終わるたびに得るものもとても大きいです。

 

<作品紹介>
「モダン・ファーマー」
若者たちから絶大の人気を誇るロックバンドが、ある事件をきっかけに突如解散。それから数年後、メンバーたちは、望まない仕事に就きため息ばかりの生活を送っていた。1億ウォンという多額の借金に追われ、絶望するミンギ(イ・ホンギ)の元に、ある日、祖母の遺産として1万坪の白菜畑が残されたという連絡が入り…。

dビデオで配信中!
http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004343

(C)SBS

★dビデオとは? 国内外の映画、ドラマ、アニメ、音楽が、月額500円(税抜き)で見放題になる動画配信サービス。パソコンや携帯、タブレットなどで利用可能。

 

 

 

Profile
イ・ホンギ
1990年3月2日生まれ。178センチ、60キロ。AB型。小学生のころ子役として芸能界入りし、2007年、5人組ロックバンド“FTISLAND”のボーカルとして歌手デビュー。08年からは日本のインディーズで活動し、10年にメジャーデビュー。09年「美男〈イケメン〉ですね」(SBS)で俳優活動を再開。「百年の花嫁」(14年TV朝鮮)でクールな御曹司役に挑戦。「マッスルガール!」(11年TBS系)、「のり子、ソウルへ行く!」(11年KBS)、『フェニックス~約束の歌~』(13年)ほか。●FTISLAND公式サイト http://www.ftisland-official.jp/


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more

DATABASE 韓流データベース

俳優・監督・脚本家・ドラマ・映画名で検索が可能です

まだデータがありません。

Movie

韓流10周年
page top