FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

【『君に泳げ!』日本公開記念インタビュー】本作で映画初出演!傷ついた天才スイマー役を演じたソ・イングク

2015年2月20日

 水泳オリンピック代表の座を懸けた2人の天才スイマーの対立と成長、そして甘酸っぱい初恋を描いた青春映画『君に泳げ!』が、2月28日から日本公開される。本作で両親の死を機に水泳への情熱を失い、第一線から姿を消した孤高のスイマー、ウォニル役を演じたソ・イングクに、作品に込めた思いを聞いた。

(C) SPC All Rights Reserved.

Q.この作品に出演したきっかけは?

 シナリオを読んで、チョ・ウォニルというキャラクターに引かれました。第一線から姿を消した天才児で、明るい性格のように見えて、実は心に深い傷を持つウォニルがとても魅力的だと思い、出演を決めました。

Q.ご本人とウォニルの共通する部分、また異なる部分はどこだと思いますか。

 基本的にポジティブな性格であるという点は似ていると思います。ですが異なるところは、僕はウォニルのように底抜けに明るい性格ではないというところでしょうか。

Q.撮影前や撮影中に、チョ・ヨンソン監督からキャラクターや作品に対するアドバイスはありましたか。

 水泳選手の役なので、水泳関連のドキュメンタリーをたくさん見ていたのですが、監督からも直接水泳関連の映像を見せていただきました。

Q.これまで水泳の経験はほとんどなかったと聞きました。水泳の練習は大変ではありませんでしたか。

 幼いころに友人たちと泳いだことはありましたが、本格的に水泳を習ったことはありませんでした。ですから水泳の訓練はかなり大変でしたね。でも少しずつ技術が伸びていくのが自分でも感じられ、やりがいを感じました。オリンピック代表の候補選手を表現するためには、ウォニル独自の水泳に対する姿勢や癖のようなものをつくることを心掛けました。

Q.チームの仲間とたやすく打ち解けず、自分の道を黙々と行く高校生のウォニルを表現するためには、どのような点に重きを置きましたか。

 ウォニルは心に深い傷を負って水泳を辞めるようになったわけですが、そんな中、友人たちの水泳に対する情熱を見て、次第に自分自身の水泳に対する夢に再度挑戦していく姿を表現することにポイントを置きました。

Q.ライバルのウサン役を演じたイ・ジョンソクさんの第一印象は? 撮影の中で、その第一印象は変わりましたか。

 イ・ジョンソクさんは人見知りなので、最初は大変でした(笑)。しかしいったん親しくなってしまうと、かわいい弟みたいな感じで、彼の愛嬌(あいきょう)に接すると撮影中の苦労も忘れてしまうほどでしたね。

Q.ジョンウン役の少女時代のユリさんとの撮影はいかがでしたか。

 ユリさんはエネルギーの塊りのような方でした。一緒に撮影をしていて、常に僕に力をくれた友人です。

Q.ジョンウンに対するウォニルとウサンの接し方は正反対ですよね。実際のソ・イングクさんはどちらのタイプですか。

 少し難しい質問ですね…(笑)。その時の状況によって違うと思います。ウォニルのように照れ屋でもあれば、ウサンのように積極的になることもあるでしょう。

Q.同年代の俳優たちとの撮影ということで、現場の雰囲気は良かったのでは?

 そうですね。同年代の友人がたくさんいて、撮影現場はいつも楽しかったです。

Q.フィリピンでのロケ撮影はいかがでしたか。

 時間にもう少し余裕があれば、いろいろと楽しめたと思うのですが…。撮影スケジュールが非常にタイトで、なかなか楽しむことができず残念でした。

Q.最も撮影に苦労したシーンは?

 やはり泳ぐシーンが一番大変でしたね。カメラのアングルを変えても、ずっと同じパターンで泳がなければならなかったので、容易ではありませんでした。

Q.本作の韓国公開(2013年10月)から少し時間が経っています。『君に泳げ!』は、ソ・イングクさんにとってどんな意味を持つ作品ですか。

 僕にとっては初めての映画出演作品です。ドラマとはまた違う撮影現場を経験できて良かったと思います。

Q.完成した映画を見た率直な感想は?

 水着を着た自分の姿が恥ずかしかったです(笑)。

Q.映画の公開後、周りの反応はいかがでしたか。

 僕の初めての映画出演ということで、みんなが祝ってくれました。

Q.俳優として尊敬する先輩、目標とする方がいますか。

 はい。ドラマ「王の顔」(14年KBS)で共演したイ・ソンジェ先輩です。以前にもドラマ「マイ・ラブリー・ブラザーズ」(12年MBC)で共演したことがあり、とても親しくさせていただいたので、多くのことを学べました。

Q.最後に、『君に泳げ!』の日本公開を待っている日本のファンに一言お願いします。

 『君に泳げ!』を見た若者たちが、ウォニルのように自分の夢を諦めず、困難に打ち勝っていければいいですね。

 

 

****インフォメーション****

『君に泳げ!』
2月28日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー

配給:NBCユニバーサル・エンターテイメント 配給協力:アルシネテラン
公式LINE@ID:@oyoge-movie
公式HP:http://www.nbcuni.co.jp/movie/sp/oyoge/


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more

DATABASE 韓流データベース

俳優・監督・脚本家・ドラマ・映画名で検索が可能です

まだデータがありません。

Movie

韓流10周年
page top