FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

「ミス・コリア」インタビュー② イ・ヨニ

2014年12月9日

photo : Kim Hee Jin(STUIDO ZIP)

Q.撮影現場での印象的なエピソードがあれば教えてください。

 化粧品会社での撮影は、毎回面白かったです。VIVI(ビビ)化粧品の末っ子ガンウを演じたチェ・ジェファンさんはせりふが多くなかったので、いつも一つでもアドリブを入れようとしていた姿がすごくおかしくて。(肌のたるみを改善するために)自分たちの頬をたたくシーンがあったんですが、あのとき私は完全に魂が抜けているような状態でした。全然眠れていなくて、頭がぼーっとした状態で撮影したんですが、そのシーンの撮影のとき、みんなすごく笑ってしまってNGがたくさん出たんです。すごくおかしかったです。でも、放送ではとても自然なシーンになっていました。

Q.イ・ソンギュンさん演じるヒョンジュンとの恋の行方に視聴者はドキドキハラハラしましたが、イ・ソンギュンさんから演技についてアドバイスはありましたか。また、演技について意見を交換されたりしましたか。

 最初のころに、一緒にたくさん練習をしたりして緊張をほぐそうとしてくださったので、撮影が終わるまで一緒に演技をしている感じがしました。タイトなスケジュールで撮影していたのでせりふを覚えられるか心配で、いつも大変でした。せりふのせいでNGを出してしまうんじゃないかと思って…。そんなとき、ソンギュンさんはいつも「状況を理解したらせりふは付いてくるから、まずは状況を理解してみて」とアドバイスしてくれました。

Q.「ミス・コリア」には若い世代からベテランまで、個性豊かな俳優が多く出演されました。撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

 私は、ミス・コリア大会を準備するチームとVIVI化粧品チームを行ったり来たりしていました。雰囲気がそれぞれ違ったんですが、非常に和やかだったと思います。私だけ大変だった気がします(笑)。わざと私を笑わせていたのではないですが、彼らがとてもおかしくて、それを見ているだけで一息つける感じでしたし、ミス・コリアの方々はご自身が出演されない部分も一緒に練習をしてくれて、とてもありがたかったです。

Q.本作ではBBクリーム誕生の秘話が描かれますが、出演するに当たり、化粧品について勉強されましたか。

 私自身、BBクリームを使っています(笑)。化粧品については、普段からBBクリームだけを使って派手な色を使ったメークはしないんですが、最近は少しアイラインを引いてみたり、関心を持ち始めました。年を取るにつれて、自然に(笑)。

Q.イ・ヨニさんは芸能界に入る以前に、ミス・コリア大会に推薦されたことはありませんでしたか。また、子どものころ、ミス・コリアを夢見たりしましたか?

 ミス・コリアには、全く興味がありませんでした。子どものころは、遊ぶのに忙しかったと思います(笑)。

Q.日本のドラマや映画をご覧になったりしますか。好きな映画監督やドラマ、俳優がいたら教えてください。

 最近は時間がなくてあまり見ていないんですが、「百夜行」というドラマを楽しく見ました。「ホタルノヒカリ」や「深夜食堂」も好きですし、木村拓哉さんが出演するドラマは全部見ました。『かもめ食堂』の監督も好きです。女優だったら、子どものころから竹内結子さんが好きです。

Q.今後、どんなキャラクターを演じてみたいですか。

 ジヨンのような役柄で、もう少しコミカルで洗練されたキャラクターも演じてみたいですし、心の底から明るい雰囲気のキャラクターもやってみたいです。ロマンチックコメディーもいいですね。

Q.次回作の予定をお聞かせください。

 映画の撮影を終えたところです。『朝鮮名探偵:日雇い労働者の娘』(注1)という映画です。2015年の旧正月(15年は2月18日~20日)に公開予定で、次回作はまだ検討中です。

Q.最後に、これからドラマを見る日本のファンに見どころとメッセージをお願いします。

 1997年度当時、韓国ではミス・コリアが爆発的に人気があったんですが、そういう部分をとても新鮮に感じていただけると思います。日本の方に「ミス・ユニバース・ジャパンについて知っていますか?」と聞いたとき、「よく知らない」と言われました。韓国では地上派で放送されるほどものすごく人気だったんですが、本作では当時のレトロな衣装からメーク、ヘアスタイルの細部までこだわって再現しています。そして、どうやって生活していけばいいのか分からないほど崖っぷちに立たされた状況に打ち勝ち、克服していく勇気を与えられるドラマだと思います。このドラマを通じてたくさんの勇気を得ていただけたらうれしいです。

 

注1)『朝鮮名探偵:日雇い労働者の娘』
2011年公開の『朝鮮名探偵 トリカブトの秘密』の続編で、朝鮮一の名探偵だがどこか抜けているキム・ミンとその相棒ソピルが朝鮮王朝を揺るがす巨大なスキャンダルを暴くという探偵映画。イ・ヨニは2人を惑わす魔性のヒロイン役で出演。監督キム・ソクユン 出演キム・ミョンミン、オ・ダルス、イ・ヨニほか(15年上半期韓国公開予定)

 

「ミスコリア」
1997年。VIVI(ビビ)化粧品の社長ヒョンジュン(イ・ソンギュン)は会社の経営に行き詰まり、借金返済の催促におびえる毎日を過ごしていた。ある日、ヒョンジュンは自社から“ミス・コリア”を出すことで、危機的状況を回避することを思い付く。ヒョンジュンは百貨店のエレベーターガールとして働く高校時代のマドンナ、ジヨン(イ・ヨニ)にVIVI化粧品の社運を懸けてジヨンをミス・コリアにする決意を伝えるが、断られる。ヒョンジュンの元同級生で投資会社に勤めるユン(イ・ギウ)は「ミス・コリアを取ればVIVI化粧品に投資をする」とヒョンジュンに持ち掛け、後に引けなくなったヒョンジュンは再びジヨンの元を訪ねるが…。

〈シンプルBOX 5,000円シリーズ〉全2BOX発売中
各5000円(税抜き)
発売・販売元:エスピーオー

(C)2013-14 MBC

★公式サイト http://www.cinemart.co.jp/misskorea/

 

Profile
イ・ヨニ
1988年1月9日生まれ。2001年芸能界入りし、04年「海神-HESHIN-」(KBS)のスエの子役で本格的に女優デビュー。06年、映画『百万長者の初恋』でヒョンビンの相手役に抜てきされ、清純派のイメージで注目を集める。その後、「ある素敵な日」(06年MBC)でコン・ユ、『M -エム-』(07年)でカン・ドンウォン、「エデンの東」(08年MBC)でソン・スンホンなど相次いでトップスターの相手役を務め知名度を上げる。ソ・ジソブ主演の「ファントム」(12年SBS)ではりりしい捜査官役を演じ、イメージチェンジに成功。「九家(クガ)の書~千年に一度の恋」(13年MBC)ではイ・スンギの母親役で特別出演。「パラダイス牧場」(11年SBS)、『結婚前夜~マリッジブルー~』(13年)ほか。最新作はキム・ミョンミン主演の時代劇映画『朝鮮名探偵:日雇い労働者の娘』(15年上半期韓国公開予定)。

  • 1
  • 2
 

コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top