FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

「ミス・コリア」インタビュー② イ・ヨニ

2014年12月9日

photo : Kim Hee Jin(STUIDO ZIP)

 経営悪化の危機に陥った化粧品会社の社長と、彼の社運を懸けたプロジェクトのためミス・コリア大会に出場することになったヒロインが織り成すラブコメディー「ミス・コリア」のDVDが好評発売中! 前回のイ・ギウに続き、今回はヒロインを演じたイ・ヨニのインタビューをお届け。「プレッシャーもあったが監督を信頼して撮影に臨んだ」というイ・ヨニが、撮影の苦労について語ってくれた。

 

Q.「ミス・コリア」のどんなところに魅力を感じて出演を決めましたか。

 テーマがとても新鮮で、ドラマを見た視聴者の方々に勇気を与えられたらいいなと思いました。キャラクターに関しても新しい挑戦だと思い、出演を決めました。

Q.本作はヒット作「パスタ~恋が出来るまで~」(10年MBC)の主演イ・ソンギュンさん、監督、脚本家が再タッグを組んだ作品として話題になりました。出演依頼が来たときはどんな気持ちでしたか。

 他の候補者もいた中、監督が「一緒にやりたい」と私を指名してくださったとき、「君にも大きな覚悟が必要だ。君にとっても重要な作品になる」とおっしゃいました。最初に聞いたときは心配にもなりました。「うまくできるのかな」と不安だったのですが、監督の「確実に君の魅力を引き出す」という言葉に、私も監督を信頼して出演することを決めました。多くの女優が好きなロマンチックコメディーの監督ですし、作品をうまく引っ張ってくれたので、私も期待を持ってこの作品に飛び込めたと思います。正直、プレッシャーはありました。ですが、それよりもそのキャラクターに没頭しようと努力していた気がします。オ・ジヨンという人物としてストーリーに入り込めたら、心配はないと思いました。撮影現場で緊張したこともありましたが、皆さんがしっかりアドバイスしてくださったおかげで、うまくできたんだと思います。

Q.撮影に当たって、監督、脚本家と役作りや演技についてどのような話し合いをされましたか。

 実は、撮影に入るまでたくさん悩んだんです。自信もありませんでしたし。でも、「イ・ヨニがこの作品をやらなくては」と考えてくださっている監督なら、私も信じてやれると思いました。そうやっていつも以上に覚悟を決めて撮影を始めたので、むしろ現場に行ったときは怖さはありませんでしたが、正直に言えば、どんなふうに演技したのか覚えていません(笑)。取り繕うことなくただ飛び込んだ、というのが撮影初日の印象でした。それにもかかわらず、とても良かったと言っていただけました。私のこれまでのイメージだけではなく、私の性格を全部捨てなければならないと言われましたし、そんなシーンも多かったです。クラブでたくさんの人の前でダンスを踊る大胆なシーンから撮影を始めたので、少しずつ新しい自分を出せた気がします。脚本家は私を見てストーリーをどう書こうか悩まれたと思いますが、自分で考えたジヨンという人物を演じてほしいと話していました。

Q.本作での演技が好評でしたが、ドラマ放送中や終了後、周りの方からの評判はいかがでしたか。

 演技に安定感が出てきたと周囲の方々からたくさん言っていただきました。これまでの私とは違う、新しい姿を見たようだと言ってくださる方が多く、周りの方々みんなが褒めてくださった気がします。撮影は大変でしたが、苦労した分、そして集中して臨んだ分、良い結果が出たのでとてもうれしかったです。そして、最後まで緊張の糸が切れないように努力しました。

Q.逆境にも負けず頑張り続けるジヨンの姿に、多くの視聴者が共感しましたが、イ・ヨニさんはジヨンの魅力は何だと思いますか。

 彼女が置かれている状況が、かわいそうですよね。なのに、自分の性格を曲げずに生きている姿が魅力ですよね。エレベーターガールをしながら、間違ったことを見ようものなら我慢できずに駆け寄り、言いたいことははっきり言う、そんな姿が魅力的です。私自身、このキャラクターを通じて学ぶ点がありました。

Q.劇中、ジヨンには体に関するコンプレックスがありました。イ・ヨニさんも外見のコンプレックスがありますか。

 私はそんなに深く悩まない方だと思います。鏡をしょっちゅう見る方ではないですからね。むしろ、自分の良くない点を見つけようとすると、余計に気になって隠そうとしたり、身がすくんでしまう気がします。私のコンプレックスは、私が話すまでは誰も分かりませんし、そうすることで自分自身を少し肯定的に考えようとしているんだと思います。コンプレックスが何かは教えません。内緒です(笑)。

Q.劇中、ミス・コリアになるためにさまざまな訓練をしていましたが、最も苦労したシーンは?

 ダンスを習わなければならなかったのですが、それがとても大変でした。撮影期間中は休みもほとんどなかったのに、その合間を縫って練習しなければなりませんでした。大会の撮影が早く終わってほしいと思うほど、とても苦労しました。一緒に練習している方々も大変そうでしたが、私も全然眠れていない状態だったので大変でした。パート別、グループ別に分かれてダンスをするシーンがあります。私が「彼女との別れ」(韓国の女性歌手、キム・ヒョンジョンの楽曲)という曲に合わせて踊るのですが、そのシーンを現場で実際に歌って撮影するかもしれないと言われたんです。普通は事前に歌をレコーディングしてから撮影するんです。「本当に歌いながら踊るんですか?」と聞いたら、「そうです」と言われたので、「それはできません」と言って時間を割いて深夜4時までレコーディングをしたんです。それで、少しだけ休んで、お風呂に入って、すぐに現場に行かなければならない状況になったんです。

Q.ジヨンは高校生たちのマドンナでしたが、イ・ヨニさんも学生時代の面白いエピソードはありますか。

 学生時代は、早い時期から芸能界の仕事をしていたので、同級生はみんな私のことを知っていました。なので、特に…。でも、学年が上がるたびに新入生が入学してきて、教室に私を見に来たりすることはありました。

Q.イ・ソンギュンさん、コ・ソンヒさん、イ・ギウさんとの共演の感想は?

 ソンヒさんとは今回初めて共演しましたが、ソンヒさんが出演された映画を見に行ったことがあったので、関心を持って見ていた方でした。まだ若い方ですが演技もとても上手で、性格もとても気さくで優しい方でした。かわいい妹です。フフフ。ギウさんも一緒に演技をしながら、台本の仕上が遅く、せりふを覚える時間も十分ではなかった中で大変だったはずなのに、つらそうな顔一つせずに取り組んでいました。ソンギュンさんは俳優として学ぶべきことが多い方だと感じました。相手の俳優を尊重し、常に演技の息を合わせてくれました。また撮影中でなくても、私のことを尊重してくれました。ご自身も大変だったのに、最後までそうでしたね。「私だったらできるかな?」と思うほど、演技に対する情熱が素晴らしい方でした。

 
  • 1
  • 2


コメント

FEATURE & INTERVIEW 特集・インタビュー

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <後編>

インタビュー2016年3月5日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デビ・・・続きを読む

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

2016年大活躍の予感! 次世代モンスターグループ“iKON”ロングインタビュー <前編>

インタビュー2016年3月4日

 日本デビューアルバム『WELCOME BACK』(1/13発売)がオリコンデイリーランキングで1位を記録したiKON(アイコン)。早くも3月30日には、新曲を収録した豪華盤『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』の発売が決定した。デ・・・続きを読む

Photo:Michi ISHIJIMA

Block B(ブロックビー)、日本デビュー後初のホールツアー! Block B JAPAN LIVE TOUR 2016~SHOWDOWN ‘H’~

特 集2016年1月14日

 2015年1月に日本デビューしたBlock Bが、16年1月9日から東京と大阪でホールライブを開催!  取材をした10日の会場、東京ドームシティは、アリーナから3階まで満席。客席とステージが近いホールならではの高揚感があって・・・続きを読む

BEE SHUFFLEのジュノとギュミン

連載「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」番外編 最終回

インタビュー2015年12月4日

『もっと知りたい!韓国TVドラマ』の連載企画「BEE SHUFFLEのシャッフル・デート!」。日韓混合の“原宿発崖っぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLE(ビーシャッフル)の5人が繰り広げる妄想デート企画が、『もっ韓』69号で最終回・・・続きを読む

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

チャン・グンソク、TEAM Hのハロウィーンパーティーで仮装姿を披露

特 集2015年11月5日

 チャン・グンソクが自身の音楽ユニット“TEAM H”として久々の来日公演を開催、“2015 TEAM H HALLOWEEN PARTY”と題し、ハロウィーンで盛り上がる日本で2都市4公演を行った。ハロウィーン当日である10月31日のライブでは、冒頭・・・続きを読む

more
page top