韓流データベース DATABASE

武神

作品紹介

高麗末期の武臣政権時代。最高権力者のチェ・チュンホンに抵抗する僧兵の反乱に、ジュンが住む小さな寺も巻き込まれる。幼なじみのウォラらと共に首都・開京に連行されたジュンは、奴婢の息子だと発覚し処刑されるが、チュンホンの長男チェ・ウの娘、ソンイに命を救われる。その後、ジュンは撃毬の試合で優勝し軍人になる事を決心。ソンイはジュンの勇敢な姿に心引かれ、試合中に大けがを負った彼を再び助ける。ソンイのおかげで試合を勝ち残ったジュンは、チェ・ウの下で働くことに。


page top