韓流データベース DATABASE

鉄の王キム・スロ

作品紹介

後漢時代。北方の遊牧民族・祭天金人族の村が後漢の軍に襲撃される。族長の子を身ごもっていた正見妃は、命からがら逃げ出し、狗耶国へ向かう奴隷船の中で、死んだ夫の忘れ形見の男児を出産する。だが、嵐で奴隷船は座礁し、赤ん坊は海岸に打ち上げられる。同じころ、後継ぎの死産で悲しみに暮れていた狗耶国の鍛冶工房長チョバンは、龍の印章を持つ赤ん坊を拾い上げ、工房の後継者として育てることにする。一方、正見妃は狗耶国の祭司長イビガに助けられ、彼の妻となる。帝王を生む運命と予言された正見妃は、イビガとの間に生まれたイジナシを王にしようとして…。


page top