韓流データベース DATABASE

チュノ~推奴~

作品紹介

17世紀の朝鮮時代。両班の息子テギル(チャン・ヒョク)は、使用人のオンニョン(イ・ダヘ)とひそかに心を通わせ、将来を誓い合っていた。だが、ある日2人の仲が父に知られ、オンニョンは売り飛ばされることに。オンニョンの兄クンノム(チョ・ジェワン)は日ごろの差別と虐待に耐えかねて逆上し、テギル一家を殺してオンニョンと共に逃亡。10年後、朝鮮最高のチュノ師となって懸賞金を荒稼ぎしていたテギルは、ある日、役人から元武将の奴婢テハ(オ・ジホ)を捕らえてほしいという巨額の依頼を受ける。一方、テハは、逃亡する道すがら、いわくありげな女性ヘウォン(=オンニョン)と出会い、行動を共にすることになり…。


page top