韓流データベース DATABASE

済衆院 チェジュンウォン

作品紹介

家畜の解体で生計を立てていたソグンゲ(パク・ヨンウ)は、ある日、外国人の集まるパーティーで初めて西洋医学を目にする。数日後、母の病気が悪化し、医者を訪ねて治療を受けるが、高い入院費を払えず、すぐに病院から追い出されてしまう。一方、西洋医学に魅了された成均館(当時の最高教育機関)の学生ドヤン(ヨン・ジョンフン)は、金を払ってソグンゲを雇い、ひそかに死体を解剖させていた。


page top