韓流データベース DATABASE

トンイ

作品紹介

朝鮮王朝第19代王・粛宗(スクチョン)の側室で、第21代王・英祖(ヨンジョ)の母である淑嬪崔氏(スクピンチェシ=トンイ)の起伏に富んだ人生を描いた歴史ドラマ。

朝鮮王朝第19代王・粛宗(チ・ジニ)の統治下、西人派と南人派が権力闘争をしていた時代。賎民のトンイ(ハン・ヒョジュ)は父、兄と幸せな日々を送っていた。だが、父が率いる秘密組織「剣契(コムゲ)」のメンバーたちが南人派の陰謀で虐殺され、トンイもまた追われる身となる。トンイは、亡くなった父と兄のぬれぎぬを晴らしてくれる女官を捜すため、掌楽院(チャンアゴン)の下働きとして宮廷に入る。数年後、美しい女性に成長したトンイは、偶然、粛宗と出会い、王であることを知らないまま2人は距離を縮めていく。その後、粛宗のちょう愛を受ける女官、張禧嬪(イ・ソヨン)を救ったことから、トンイは監察府の女官となり…。


page top