韓流データベース DATABASE

風の国

作品紹介

チュモンの建国した高句麗では、その息子ユリ(チョン・ジニョン)が王位を継いでいた。一方、扶余は老齢のテソが王として君臨し続け、高句麗とは敵対関係に。ある日、ユリ王に男児が誕生する。だが、「この子は将来、母や父、兄、そしてわが子までも殺し、やがて高句麗を滅ぼす」と神女に告げられる。ユリ王は苦心の末、赤ん坊を殺さず、王子の身分を剥奪することを決意。赤ん坊に血が流れず心臓の動いていない”ムヒョル(無恤)”と名付け平民として暮らさせるよう、息子のヘミョン太子(イ・ジョンウォン)の手に託す。ヘミョンはその赤ん坊をキリン洞窟の壁画長ヘアプ(オ・ユナ)に預ける。十数年後、青年に成長したムヒョル(ソン・イルグク)は壁画工となり、チュモン王の墓に壁画を施していた。


page top