韓流データベース DATABASE

必殺!最強チル

作品紹介

17世紀朝鮮。身分撤廃を訴え、すべての人々が平等に生きる町”無倫堂(ムリュンダン)”をつくったチルの父は、罪に問われ殺害される。両親を失ったチルと妹ウヨンは別々の家に引き取られることに。数年後、青年になったチル(エリック)は、義禁府の役人となり、父の死を教訓に、正義だけを振りかざしていては生き残れないと、理不尽なことにも適当に目をつぶって暮らしていた。ある日、ウヨン(パク・ボヨン)の養父キム・ホンゾ(ナム・イル)の変死体が発見される。ホンゾから秘密文書を託されたウヨンは、養父の死の真相を暴こうとするが、官僚ホ・ウォンド(パク・ヨンギ)の手によって殺されてしまう。チルは妹の敵を討つために刺客になることを決意。ホ家に乗り込み復しゅうを果たすが、別の理由でホ・ウォンドを狙っていた両班のミン・スングク(チョン・ノミン)に現場を目撃され…。


page top