韓流データベース DATABASE

太王四神記

作品紹介

先史時代、火の神女カジン(ムン・ソリ)を頂く虎族が、火の力を利用して世の中を支配していた。しかし天の子ファヌン(ペ・ヨンジュン)が玄武、白虎、青龍を連れ、地上に降り立ちジュシン国を建てる。2000年後の西暦384年、高句麗の最高位の貴族ヨン・ガリョ(パク・サンウォン)の息子ヨン・ホゲ(ユン・テヨン)と、高句麗王・小獣林王の弟オジジ(ドッコ・ヨンジェ)の息子タムドク(ペ・ヨンジュン/2役)が同日に生まれる。


page top