韓流データベース DATABASE

大祚榮 テジョヨン

作品紹介

高句麗末期。高句麗侵略のため、唐軍が遼河地方に攻め入ってくる。高句麗内部では、ヨンゲソムン大将軍が率いる唐に対抗しようとする勢力と、唐との和親条約締結を目指す勢力の対立が緊迫していた。戦いのさなか、流星とともにテ・ジュンサン将軍の子供テ・ジョヨンが生まれる。「流星が落ちた日に生まれた子供は将来、王になる」という伝説のために、ジョヨンはヨンゲソムンに命を狙われるが、ヨンゲソムンの側近ヤン・マンチュンの進言により、命を助けられる。出生の秘密を知らずに奴婢ケドンとして育ったジョヨン(チェ・スジョン)は、知恵と統率力を備えた青年に成長。高句麗の滅亡後、流民を集め、祖国の再建を誓う。


page top