韓流データベース DATABASE

妻~愛の果てに~

作品紹介

96年、大学教授サンジン(ユ・ドングン)は、生命工学セミナーのため向かった出張先で突然失踪する。7年後、サンジンの妻ナヨン(キム・ヒエ)は、アパレル会社の理事として仕事は順調、娘ミンジュ(ムン・グニョン)とサンジンの家族と一緒に暮らしていた。サンジンの母(キム・ヨンニム)は、ナヨンに、帰って来ないサンジンを忘れてサンジンの後輩ヒョンピル(チョン・ボソク)と再婚することを勧めていて、ヒョンピルも彼女にプロポーズしようとする。だが、ナヨンはサンジンが忘れられずにいた。そんなある日、サンジンが交通事故ですべての記憶を失い、ヨンテという名前で、事故当時命を救ってくれたヒョンジャ(オム・ジョンファ)と息子ウンピョと3人で新しい人生を送っていることが分かる。


page top