韓流データベース DATABASE

明成皇后

作品紹介

朝鮮26代王・高宗の妻で日本では閔妃(ミンビ)と知られている明成(ミョンソン)皇后(1851-1895)の生涯を描いた大河ドラマ。朝鮮王朝25代王の哲宗が子孫を残さず急死。王室の上長、大王大妃チョ氏(キム・ヨンリム)は、興宣大院君(ユ・ドングン)の息子を養子にし、26代王の座に立て、両班家のミン・ジャヨン(ムン・グニョン)を王妃に迎える。これを機に、大王大妃チョ氏と興宣大院君、明成皇后の権力闘争が始まった。


page top