韓流データベース DATABASE

アラン使道伝-アランサトデン-

作品紹介

3年前に消息を絶った母を捜して慶尚南道・密陽(ミリャン)を訪ねたウノ(イ・ジュンギ)は、地獄の使者に追われる若い女の幽霊、アラン(シン・ミナ)を目撃する。霊能力を持つがために日ごろから面倒なことに巻き込まれてきたウノは、アランを見て見ぬふりをする。だが、ウノの能力に気付いたアランは、自分がどうして死んだのか、失われた自分の記憶を取り戻してほしいと頼み込む。しつこいアランに、自分が使道(サト/地方役人)にでもなったら頼みを聞いてやるとウソの約束をするウノ。アランは強引な方法でウノを使道にするのだが…。


page top