韓流データベース DATABASE

アセンブリー

作品紹介

“国会議員の元補佐官”という経歴を持つ「鄭道傳<チョン・ドジョン>」のチョン・ヒョンミン脚本家が、国会を舞台にしたヒューマンドラマを執筆。労働組合長から国会議員となる主人公に、96年のデビュー以来、ドラマ初出演となる映画俳優チョン・ジェヨン。政治のいろはすら知らない主人公をサポートする補佐官を演じるのは、14年「ママ」で熱演を見せたソン・ユナ。「鄭道傳」の主役チョ・ジェヒョンが第1話に特別出演し、パク・ヨンギュは老練な政治家役で出演。


page top